転職するべき?今の会社に留まるべき?判断するための考え方を紹介

「今の会社を辞めたい」「転職したい」と思ったものの、「本当に辞めてしまって良いのだろうか?」「転職はうまくいくのだろうか?」と悩んだり不安に思う人は多いのではないでしょうか。

この記事では、転職するべきか、今の会社に留まるべきかを判断するための考え方を紹介します。

結論:「とりあえず転職活動を始めてみる」がおすすめ

とりあえず転職活動を始めてみる転職するべきか悩むのに時間を使っているくらいなら、転職活動を試しに始めてみることをおすすめします。

「転職活動する」イコール「転職する」ではありません

結果的に転職しないという道を選んだとしても、転職活動それ自体に多くのメリットが存在します。

  • 自分のキャリアを見直すいいきっかけになる
  • 自分の市場価値がわかる
  • キャリアアップのために取り組むべきことが明確になる
  • それでも現職に留まる決意をした場合、仕事のモチベーションが高まる

    転職活動をするということは、どこかの企業を選んで受けるということです。選考を受けるためには準備が必要です。今までのキャリアの棚卸しを行い、自身の強みを整理することから始まります。必然的に、「自分はこれから何をしていきたいんだろう?」と考え直すことになります。結果的に転職をしなかったとしても、普段仕事に忙殺されて真剣に向き合うことのなかった自分のキャリアを見つめ直すいいきっかけになります。

    転職エージェントを利用した場合は、自分の強みを踏まえた上で企業を紹介してもらえます。どんな年収帯のどんな求人が自分に紹介されるかを知ることで、自分の今いる位置がはっきりとわかってきます。

    選考を受ける過程で、多くの企業と出会い、自問自答することで、今まで気づかなかった自分の価値観を見つけることもあるでしょう。

    転職活動を通じて、転職すべきかどうかはクリアになってきます。転職活動をすることで、「転職する」決断も「転職しない」決断も、「質」の高い決断になると思います。

    現職で「まだできること」があるか考えよう

    転職するべきかどうかを考えるときには、現職で「まだできること」があるかも考えてみてください。

    まずは、下記の診断テストに取り組んでください。
    転職するべきか診断テスト
    診断結果の結果、「現職でまだできることがある」になった場合、安易に転職に進むべきではありません

    現職に不満を持っていたとしても、思い切って社内で相談してみると、案外すんなりと受け入れて策を練ってくれることが多いです。自分の意見を出さないまま黙って転職するのはもったいないです。自分の意見はしっかりと主張してみましょう。

    キャリアアップ、収入アップのために転職を考えている人は、現職であと少し成果を出すために頑張ってみることが一番の近道だったりします。自分の頑張りではどうにもできず、人事制度がこうだから、とか、これがこの会社の通例だから、とあきらめている場合でも、思い切って上司に相談してみることをおすすめします。

    全く働きかけをしない状態で転職となると、転職先でも同じように不満を持って辞めるを繰り返してしまうことになりかねません

    転職するべきではない人に当てはまらないかチェックしよう

    転職するべきではない人に当てはまらないかチェックしよう下記に当てはまる人は、転職活動を始めてもうまくいかない可能性が高いです。転職したいと思っていても、下記に該当する場合は、現職でもう少し頑張りましょう。

    今の職場が嫌だという理由しかない

    今の職場が嫌だ、今の業務内容が嫌だ、今の待遇が嫌だ、というのは転職のきっかけにもちろんなりえます。しかし、それだけの理由だけだと、転職はおすすめできません。

    逆に今の職場の良いところは何かも理解してみましょう。転職するということは、負の面だけではなく良い面も捨てることになります。すべてを手に入れることはできません。

    また、転職理由がネガティブなものだけでは、選考でも印象が悪く、通過にしくいです。自分のキャリアの見直しを行い、転職後に何をしてどう成長していきたいのかを伝えられる状態にしてから転職活動をしましょう。

    入社してから日が浅い

    入社してから退職までがあまりにも短い場合、転職活動の際に、「この人はうちに入ってもすぐに辞めそうだな」とか「ストレス耐性の無い人かな」と思われるリスクがあります。

    何年、何ヶ月経っていれば転職してもOK、という明確な基準はありませんが、在籍期間が短いということはそれだけ転職活動においてもデメリットが生まれるということは理解しておきましょう。

    持ってるスキルが現職でしか通用しない

    スキルには、他社でも通用するスキルと、自社内でしか通用しないスキルがあります。ある業務のスキルが非常に高かったとしても、それが自社にしか存在しない業務だった場合、アピールポイントにはなりません。

    現職で、もっと横展開できるスキルを身につけられる仕事をさせてもらいましょう。

    成功の声、後悔の声を参考にしよう

    転職経験者の成功の声や後悔の声を聞いて、自分が転職するべきかどうかの参考にしてください。

    転職を経験した男女237名にアンケートを実施しました。

    「転職してよかったですか?」アンケート
    「転職してよかったですか?」という質問に対し、67.5%が「よかった」と答えています。「前職の方がよかった」と答えた人はわずか4.2%でした。転職をして後悔している人はかなり少数派のようです。転職先をどう思っていますか?アンケート

    「転職してよかった」と答えた人のうち「ここがベストの転職先だ」と答えた人は58.1%、「他の会社に転職した方がもっとよかった」と答えた人は41.9%でした。

    両手を挙げて「成功!」というよりは、「まあベターかな。前職よりはマシだな」と考えてる人も多くいることがわかりました。

    それでは、それぞれ答えた人たちの声を具体的に聞いてみましょう。

    転職してよかった&ここがベストの転職先

    • 家庭と仕事の両立が出きるようになったので、とても良かったと思っています。(30代女性)
    • 給与が転職する直近の約1.5倍になったのと、業務内容が前職とガラリと変わりやり甲斐が感じられる為です。(40代男性)
    • もともとやりたい業種だったから。今までの企業とは全く違うと思えるくらい,有給もとれるし自分のペースで仕事も進められる。給料もよいし最高です。(20代男性)
    • 常に新しいことに挑戦させて頂き、自身で考えた案を取り入れてれるためやりがいのある仕事だと思っています。(20代女性)

      転職してよかったが、他の会社に転職した方がもっとよかった

      • 転職して良かったと思いますが入社2年後に給料制度の見直しがあり下がってしまう所ありました。(20代男性)
      • 給料は上がったが、土日の出勤もあり家族の負担も増えてしまったため。(30代男性)
      • 前職に比べて人間関係はいいのですが、給料がとても低く、休日が少ないので。(40代女性)
      • 給与がそこまで前の会社の時と変わっていない割に、転職してすぐに会社都合で管理職になってしまったため、プライベートの時間が以前より少なくなっていると感じているためです。(20代女性)

      前職の方がよかった

      • 以前より賃金は上がったが、人間関係が悪かった。(30代女性)
      • 初年度は有休も少なく、特別有休などの措置も取ってもらえなかった(40代男性)
      • 前職はボーナスが年5か月分固定だったのに対して、現職は業績によるから。(30代女性)
      • 前の会社がそんなに悪くなかったことを思い知ったから。(20代女性)

        まとめ

        転職をするべきかどうか迷っていたら、とりあえず転職活動を始めることをおすすめします。転職活動の中で、自分が転職するべきかどうかを判断していきましょう。

        一方で、「現職でまだできることがある」人や、明らかに「転職するべきではない」人もいます。自分がこれらに当てはまった場合は、転職以外の「今すべきこと」に取り組んでください。

        【調査概要】
        調査方法:インターネットアンケート
        調査対象:転職経験のある方
        アンケート母数:男女237名
        実施日:2022年10月4日〜10月7日
        調査実施主体:ミライのお仕事
        調査会社:株式会社ネクストレベル