転職活動の流れ・進め方を解説!入社まで27つのToDoを紹介

この記事では、これから転職活動を始めようと考えている方に向けて、転職活動の大まかな流れをお伝えします

「転職って初めてだけど、何からすればいいのかわからない」や「失敗しないために、事前にちゃんと知っておきたい」、「そもそもどれくらいの期間がかかるのか知りたい」などの声に応えていきます。

転職の流れが一目瞭然で分かるToDoチェックリストも用意しているので、一つ一つ一緒に確認していきましょう。

転職には3つのフェーズがある

転職には3つのフェーズがある

転職には大きく分けて3つのフェーズがあります。

期間は人によって違いますが、転職準備を始めてから入社までは、3ヶ月程度かかるのが標準的です。時間で言えば、合計で30〜40時間は転職活動に費やすことになると考えておきましょう。

理想は、内定を複数社から同じタイミングでもらい、比較検討して1社に決めることです。そのためにも、希望入社時期から逆算して、開始時期を考えましょう

転職には27つのToDoがある

転職活動準備」「転職活動」「内定〜入社」の3つのフェーズの中に、全部で27つのToDoがあります。このToDoリストに沿って転職活動を進めていきましょう。

フェーズ1転職活動準備

フェーズ2転職活動

フェーズ3内定〜入社

フェーズ1:転職活動準備(2週間)

フェーズ1:転職活動準備

転職活動においては、準備が非常に重要です。準備を怠ってしまうと、選考で落ち続けてしまったり、転職活動が長期化したり、転職の満足度が低くなってしまうことになりかねません。

転職の軸を決める

ToDo01〜ToDo03を紹介します。

ToDo01 なぜ転職したいのか明確にする

転職には理由が必要です。ただ何となくという気持ちでの転職活動は、「前の会社の方がマシだった」「転職しなければよかった」という後悔に繋がりかねません。なぜ転職しようという思いに至ったのか、転職活動のゴールは何か、明確にしておきましょう。

まずは、

  • なぜ転職活動を開始しようと思ったのか
  • 今回の転職で実現したいことは何か

という質問に対しての答えを紙に書き出してみましょう。

ToDo02 得たいもの、失っていいものをはっきりさせる

転職は自分の希望を何でも叶えられる魔法のようなものではありません。得られるものもあれば、転職によって失うものもあります。「多少給与ダウンになっても残業時間の少ない企業に転職したい」「管理職でなくてもスキルが磨ける環境に行きたい」など、自分の希望に優先順位を付けましょう

まずは、

  • 業界
  • 仕事内容
  • スキルアップ
  • 企業理念・カルチャー
  • 安定性・知名度
  • 給与
  • ワークライフバランス

の7つで優先順位をズバッとつけてみましょう。

ToDo03 中長期的観点で転職軸を考える

転職は、次の会社に入社することがゴールではありません。そこから2、3年後に自分がどうなっていたいのか、10年後にどうなっていたいのか、イメージはできていますか?キャリア展望は、面接時によく聞かれることでもあります。数年後の未来の自分が転職を後悔しないためにも、長期的目線を持ちましょう。

例えば、5年後の

  • 役割・立場
  • 年収
  • 経験業務

の希望を書き出してみましょう。

自分の強みを明確にする

ToDo04〜ToDo06を紹介します。

ToDo04 自分の強みを理解する

転職活動では、自分がいかにいい人材かを相手に伝える必要があります。そのためにはまず、自分の強みを整理しましょう。「コミュニケーション力」のような漠然としたものはNGです。具体的に「何をしたか」「何ができるか」という経験ベースの強みをまとめる必要があります。

どうまとめたらいいかわからない人は、職務経歴書を書き始めてみましょう。できるだけ細かく経験を書き出したら、そこから強みと言えるものを抽出しましょう。

ToDo05 転職市場が求める自分の強みを理解する

「自分の強みはこれです」とやみくもにアピールしても意味がありません。相手がそれを必要として始めてその強みが意味のあるものになります。転職したい会社が求めている、自分の強みは何なのかを軸に強みを再整理しましょう。

転職したい会社の立場になりきって考えてみましょう。なぜ、今このポジションを募集しているのか、事業的背景、経営的背景は何か。どんな強みを持った人に入社してほしいかが見えてくるはずです。

ToDo06 履歴書や面接で伝えられるよう強みを言語化する

強みを魅力的に伝えられるかどうかで、印象は変わってきます。「強みは具体的に何か」、「その強みを持っているのはどんな経験をしてきたからか」、「その強みを持ってして何ができるか、どう貢献できるか」、文字にして説明できるようにしておきましょう。

転職方法を決める

ToDo07〜ToDo09を紹介します。

ToDo07 方法ごとのメリット・デメリットを理解する

転職エージェント リクルートエージェント、dodaなど。
アドバイザーによるサポートが充実。
スカウトサービス ビズリーチ、リクルートダイレクトスカウトなど。
企業から直接スカウトメールが届く。
リファラル 知人・友人の紹介。
入社前から会社のことがよく分かる。
ハローワーク 国が設置する行政機関。全国500ヶ所以上。
中小企業の求人が中心。
求人サイト・アプリ リクナビNEXT、Indeed、Wantedlyなど。
サイトによって様々な特色がある。
直接応募 企業採用ページから応募。
志望意識が高いと印象を持ってもらえることも。

転職には様々な方法があります。なんとなくで一つ選ぶのではなく、それぞれにあるメリット・デメリットを調べてから、一つまたは複数を選びましょう。

ToDo08 自分にサポートが必要かどうか考える

転職方法を選ぶ際の観点として、「自分にサポートが必要かどうか」があります。転職エージェントであれば、担当のコンサルタントが様々なアドバイスやサポートをしてくれますが、それ以外にはあまり丁寧なサポートはありません。自分の周囲に転職の相談できる人がいるか等で判断しましょう。
自分にサポートが必要かどうか考える

ToDo09 面談を通じて相互理解を深めたいか考える

一方的に企業が求職者のことをジャッジするのではなく、相互理解のためにまずはカジュアル面談をするというリクルーティング手法が近年増えています。転職エージェント経由では基本的に即面接ということが多いですが、スカウトサービスや特定の転職サービスなどではカジュアル面談が推奨されています。

フェーズ2:転職活動(1ヶ月半〜2ヶ月)

フェーズ2:転職活動

準備を終えたら、いよいよ本格的に転職活動のスタートです。実際に選考を受けていくことになりますが、フェーズ2を進めながらもフェーズ1の内容は常に振り返る必要もあるので覚えておいてください。

履歴書・職務経歴書を作成する

ToDo10〜ToDo12を紹介します。

ToDo10 作成のために使用するフォーマットを決める

特定のフォーマットの履歴書・職務経歴書を指定する企業はあまりありません。自分でフォーマットを選択することになります。ネット上で検索すれば使えるテンプレがすぐ見つかりますが、志望動機を長く書きたい場合、強みをアピールしたい場合等は、その欄を大きくするなど工夫をしましょう。

ToDo11 強みがアピールできる書き方をする

強みは主に職務経歴書でアピールします。ただ単に、時系列で淡々と書くのではなく、濃淡をつけましょう。自分の強みの中で特に相手企業に響くと思われる箇所をより丁寧に記載しましょう。直近の職歴を特にPRしたい場合は、過去からではなく、直近から遡る順番で職務経歴書を書いていきましょう。

ToDo12 受ける会社によって書き分ける

企業によって、「求める人材」は当然異なります。自分の強みのうち、どこをアピールすべきかは企業によって変わってきます。的はずれなアピールで空回りしないよう、「この人は入社したらこの事業でこんなふうに活躍してくれるな」とイメージを持ってもらえる書き方をしましょう。

求人を探し、応募する企業を選ぶ

ToDo13〜ToDo15を紹介します。

ToDo13 エージェントだけに頼らず、自分でも探す

転職サービスに頼りっきりで、自分で企業探しをしないというのはやめましょう。転職エージェントであっても、100%自分のことを理解してくれているわけではないのです。良い求人はどこに転がっているかわかりません。情報収集は常に怠らないようにしましょう。

ToDo14 自分の転職の軸に当てはまる企業に応募する

やみにくもに推薦された企業を受けたり、スカウトを受けた企業を受けるのではなく、ToDo01〜ToDo03で決めた自分の転職軸をもとに応募する企業を決めましょう。もちろん、選考を進める過程で、新たな気付きがある可能性もあるため、最初のうちは吟味しすぎずに受けてみるのもありです。

ToDo15 ホームページや口コミサイトを見てみる

求人票だけでは、どんな企業かはなかなか理解できません。ホームページは企業のイメージが具体化されますし、採用ページに求職者向けコンテンツがある場合があるので調べてみましょう。口コミサイトはネガティブな書き込みも多いので全てを鵜呑みにするのはおすすめしませんが、一定参考になります。

応募〜面接

ToDo16〜ToDo18を紹介します。

ToDo16 応募して書類選考の結果を待つ

応募したあとの最初の選考は、書類選考であることがほとんどです。書類選考の結果は一週間から10日ほどで連絡が来ることが多いです。

ToDo17 面接を受ける

書類選考を通過した場合は、面接が実施されます。面接の回数は企業によりますが、1〜3回が一般的です。最近ではWeb面接を実施する企業も増えています。面接の注意点、ポイントを押さえ、よく準備した上で面接に臨みましょう。

ToDo18 テストや適性検査を受ける

企業によっては、テストや適性検査を受ける必要があることがあります。課題を提示されてそれに取り組んで提出するケースや、ストレス耐性を見るような検査を受けさせられる場合があります。

フェーズ3:内定〜入社(2週間〜1ヶ月)

フェーズ3:内定〜入社

最後に、内定をもらってから入社までのフェーズを説明します。「入社するまでが転職活動」だと思って、退職準備や入社準備をしっかりと進めていきましょう。

内定オファーを受け、受諾する

ToDo19〜ToDo21を紹介します。

ToDo19 オファー内容・条件をよく確認する

オファーは口頭のみではなく、書面あるいはデータでもらいましょう。企業によって異なりますが、内定通知書、労働条件通知書、雇用契約書のいずれかで提示されるのが一般的です。給与面だけではなく、固定残業代がある場合はその時間数、賞与の有無と回数、休日休暇など、細かく確認しましょう。

ToDo20 他に受けているオファーと比較検討する

回答期日は1週間で設けられることが多いです。その間に、最終的にどこの企業に入社するかを確定させます。改めてToDo01〜ToDo03で考えた軸を振り返りましょう。自分が何のために転職活動をしているのかを再考して、オファーを受けるかどうかを決めましょう。

ToDo21 オファーを受諾し、入社日を確定させる

オファー受諾の連絡を企業にしたら、入社日を確定させましょう。転職先の希望もありますが、そもそも現職をいつ辞めるができるかどうかにもよります。この段階で決められない場合は、なるべく早く退職する旨を現職の上司に伝えて入社日を確定させていきましょう。

退職準備をする

ToDo22〜ToDo24を紹介します。

ToDo22 退職意思を現職の上司に伝える

内定承諾後は、すみやかに退職する旨を上司に伝えましょう。就業規則に、「退職日の◯日前に伝えること」と書かれているので、それを守ることが理想です。ただ、「2週間前までに通知すればよい」という法律の方が優先されるため、急いでいる場合は交渉してみましょう。

ToDo23 引き継ぎを丁寧に行う

退職することが決まっていても、今まで在籍していた企業に恩義は果たしましょう。残された上司、部下、同僚のために、丁寧な引き継ぎを心がけましょう。

ToDo24 お世話になった人へ挨拶をする

気持ちよく転職を終わらせるために、お世話になった人への挨拶をしていきましょう。ただし、辞めさせないように圧力があったり、嫌味を言われたりなどした際には、毅然とした態度で対応しましょう。

入社準備をする

ToDo25〜ToDo27を紹介します。

ToDo25 入社後に取り掛かる仕事の勉強をする

入社が決まったら、転職先の業界や事業について、勉強できる部分はしておきましょう。スタートでつまずかないように、という意味もありますが、意気込みを相手に伝えるという意味でも重要です。

ToDo26 有休が使える場合は、リフレッシュにも当てる

最終出社日から入社日の間に、残った有給休暇を消化する人は多いです。せっかくの長期休みなので、普段できないようなことをするのもいいでしょう。平日の旅行などは比較的空いていておすすめです。

ToDo27 転職先の担当者とのやり取りはスムーズに行う

入社日まで、企業担当者とのやり取りはスムーズに行いましょう。現段階では、内定はしたものの企業と自分との間に信頼関係はまだできあがっていないと考えましょう。不要な不安や不信感を持たれないよう、スピーディーな対応を心がけましょう

まとめ

この27のToDoを順に追っていくのが転職活動になります。まずは念入りな「準備」が何よりも必要です。全体像を掴んだら、早速、ToDo01「なぜ転職したいのか明確にする」に取り掛かりましょう。