プログラミングの時給・待遇・特長

プログラミングの時給・待遇・特長

プログラミングの時給・待遇・特長

プログラミングの平均時給

・2,000円~2,200円(関東)
プログラミングもその種類や業務によってかなり時給に幅がありますが、平均でだいたい2,000円前後でしょう。

プログラマーの時給に関する特長

「経験者」はより高給

平均時給をはるかに上回る高収入の案件についてはほぼ全てといっていいほど「○○の開発経験あり」が条件になっています。

従ってとにかく未経験のうちは派遣で多少安い時給でもどんどん業務をこなして経験値を積むのが最善策です。

地方での業務も増えている

ソフトウェア開発など大都市圏に限らず、地方のエリアでも業務は拡大しています。

ただ一般的には大都市圏の方が時給は良いでしょう。例えば平均時給は関東では2,000円台を越えますが、東北では1,200円台とかなりの違いがあります。

プログラミングで派遣社員として時給を高くするには

プログラミングで派遣社員として時給を高くするには

とにかく「経験値」を上げる

まずは実地経験を豊富にする事です。どんなにスキルを持っていても「その開発の経験があるかないか」によって採用が決まる所が多いからです。

いっぽうで派遣では未経験でも雇用される業務もあるので、最初のうちは仕事を選ぶというより未経験でも採用してくれる企業でどんどん実績を積むのが結果的に時給アップに繋がります。

様々なプログラミング言語が使える

あるひとつの分野で徹底的に経験を積むのもいいのですが、派遣社員として続けていくのであれば数種類のプログラミング言語を覚えておいたほうがいいでしょう。

いずれにしてもプログラマーは結局数種類の言語を使うようにはなると思うので、なるべく早くに習得したほうがいいですね。

プログラミングを仕事とするならば、
派遣会社を選ぶ時のポイントは「たくさんの案件を持っている」会社を選ぶ事です。

実績が重要視される業界なので、途切れる事なく案件を紹介してもらい、仕事をこなしていくのが大切だからです。

ある程度の経験を積めば高時給の案件も多いですし、また年齢が上がってきても「経験がある」からこそ、有利になる業界でもあります。