広報の仕事内容

広報の仕事内容・求められるスキル

広報の仕事内容・求められるスキル

広報とは自社をアピールする仕事。

自社の製品や強み弱みをよく知ることが必要なことから、他部署で経験を積んでから配属となることが多い部署です。

コミュニケーション能力、プレゼン力、ビジネスマナー、時間の調整能力、管理能力など必要なスキルが多く、経験者や広告代理店の営業経験があると転職に有利です。

未経験からチャレンジする場合は、入社後に知識や技術を身につける場合が多いので何事にも前向きに取り組む姿勢、コミュニケーション能力が重要視されます。

仕事内容

広報の仕事は社外向け発信と社内向け発信に分かれます。「広報(情報提供)」「宣伝」「IR」といったものが、主な業務となります。

広報(情報提供)業務とは

新聞・雑誌・テレビなどのパブリシティを活用することで、自社の活動をPRすることが挙げられます。

プレスリリースの手配なども、これに含まれます。

客観的な視点を持ちつつ、取材などに際しては企業理念などが的確に伝わるよう準備と対応に努めます。

また自社のHPなどの更新業務もあります。

企業情報を発信することで企業イメージの確立や向上、維持などをはかります。

また不測の事態である事故・リコール・重大なクレームなどの謝罪活動といったネガティブなものも広報業務の一つとなります。

しかしこのようなネガティブ要素も、広報の手腕により企業イメージを更に向上させるチャンスともなります。

宣伝業務とは

様々な手法による商品のPR、イベント企画、ポスター、カタログ制作などがあります。

広告代理店との絡みが発生することも多々あります。

これらの効果の測定など独特な業務も発生しますしマスコミなどとの関わりを持つことから、新しい情報を取り込むことができます。

まったく違う価値観も知り得ることも多く、視野が広がる可能性が大きな業務です。

IR業務とは

IRはInvestorRelationsの略。

株主や投資家に対して、企業が投資判断に必要とされる情報を公平かつ適時適切を旨として、継続的に提供することです。

主に投資家やアナリストへの対応であり、情報開示資料の作成、決算説明会の開催などが業務内容として挙げられます。

自社の経営状態などの把握が必要となります。

これらの社外向けに発信された情報や、経営陣の営業方針・社内各部署の現状などを社内報などで全体共有し、共通認識として広める役割も担っています。

社内各部署との連携が強まる部署でもあります。

必要な資格やスキル、経験

必要な資格やスキル、経験

必ず必要とされる資格などはないようですが、PRプランナーなどの資格は広報に就きたいという意志を表せるものでしょう。

やはりPCの基本的操作とワード・エクセル程度の扱い程度は必要とされます。

営業部・開発部といった他部署で2~3年ほど過ごした後、広報へ配属されることが多いようです。

それは自社をアピールする立場となるには、自社をよく知ることや業界の動向や自社の立ち位置などを把握することが必要とされるからです。

情報収集能力が問われるということでしょう。

社外に対して自社の意図を的確に伝えるコミニュケーション能力やプレゼン力、ビジネスマナーも必要です。

また時間などの調整能力と管理能力も不可欠です。

活動に関する結果を分析し、報告としてまとめる能力も求められます。

広告代理店の営業経験は、優遇される要因となるようです。