【派遣社員100人に聞いた】派遣の仕事がすぐ決まるコツ3つ!派遣の仕事がない人へ

こんにちは、編集部の加藤です。

何社も応募してるのに採用されない...仕事を紹介してもらえない...早く働きたいのに働けない。この辛い状況、私も経験したことがあります。

そこで今回、2週間以内に仕事が決まった派遣社員100人に聞いてわかった、派遣の仕事が決まるコツを紹介していきます。

コロナ禍で企業が倒産。派遣登録者は増えているので、派遣の仕事が決まりにくいのは当たり前

コロナ禍の影響で営業時間の短縮や企業が倒産していることで、派遣先の企業が減っています。そのため、選考が厳しく派遣の仕事が決まらないと悩んでいる人はたくさんいます。あなただけではありません。


引用:労働政策研究・研修機構

実際、2019年12月は仕事を探している100人に対して160件近くの求人があったのに、2020年12月は100人に対して仕事が106件しかありません。埼玉・千葉・神奈川などは70〜90人分の仕事しかないため、スキルがある人でないと採用されにくい状況です。

闇雲に応募しても仕事が決まらない状況です。派遣の仕事を決めたいのであれば、しっかりコツを抑えることが重要です。

まず知っておくべき基本!希望する職種に強い派遣会社に登録すること

派遣の仕事が決まる人がやっているコツをお伝えする前に、絶対に抑えるべきことをお伝えします。

それは「希望する職種に強い派遣会社に登録すること」です。

派遣の仕事がすぐ決まるコツを知っていても、希望する職種に弱い派遣会社に登録してしまっていては、希望にあう仕事がない・紹介されない・決まらないということがおきます。

一般職やIT系、介護・看護系の大手派遣会社の得意な職種と求人数をまとめました。登録したことのない派遣会社があれば求人を見てみてください。

職種 求人数
スタッフサービス 事務
営業
販売・接客
コールセンター
医療
2.3万件
アデコ 事務
営業
販売・接客
IT・web
0.6万件
テンプスタッフ 事務
営業
販売・接客
IT・web
2万件
ランスタッド 事務
製造・軽作業
0.4万件
modis IT・エンジニア 0.4万件
エンジニアガイド IT・エンジニア 2.1万件
パーソル
テクノロジー
IT・エンジニア 0.3万件
e仕事 工場・製造 0.4万件
働くナビ 工場・製造
軽作業
0.9万件
きらケア介護 介護・看護 1.5万件
看護のお仕事 看護 0.6万件

派遣会社ごとに得意な職種があることや求人数が違うことを理解したうえで、これから紹介する仕事が決まる人がやっているコツを実践してみてください。

派遣の仕事がすぐ決まる人がやっていること

派遣の仕事が2週間以内に決まった100人へのアンケートでわかった、仕事が決まる人がやっていたことがこちらです。

派遣の仕事が決まる人がやったこと一覧

正直すごい裏技というのはありません。

複数の派遣会社に登録してたくさんの求人をみて、条件にあう求人があれば応募する。紹介してもらうために今すぐ働けることを担当に伝えるという、基本的なことがトップ3です。

ただ、意外と複数の派遣会社に登録してはいけないと思っていたり、1社ずつでないと応募できないと思っていたりする人はいると思います。

この3つのことをやることがなぜいいのか説明していきますので、実践したことのない人は読み進めてください。

コツ① 複数の派遣会社に登録する

派遣の仕事が決まった人の61%が「複数の派遣会社に登録した」との回答でした。

ちなみに、登録した派遣会社の数は、2社以上に登録していた人が72%です。3社以上に登録している人も40%いるので、複数の派遣会社に登録して仕事を探すのは有効な手段といえます。

登録した派遣会社の数

複数の派遣会社に登録すると仕事が決まりやすくなるのは、単純に派遣会社からの紹介数が増える&条件にあう仕事がみつかりやすくなるからです。

どの派遣会社に登録したらいいのかがわからない人は、以下で紹介している「派遣社員の満足度が高い会社」から選んでみてください。

満足度が高い派遣会社は、仕事が決まっている・紹介がスムーズで満足している人が多い可能性が高いからです。

満足度調査で評価が良かった派遣会社ベスト3社の満足度の内訳がこちらです。

満足度 リンク
スタッフサービス 合計:94.2%
最高:29.2%
満足:43.8%
普通:21.2%
テンプスタッフ 合計:92.2%
最高:31.8%
満足:48.0%
普通:12.3%
アデコ 合計:90.1%
最高:24.6%
満足:46.8%
普通:19.7%

1番評価が良かったのは「スタッフサービス」で、普通以上の割合が94%。スタッフサービスとテンプスタッフも90%以上が満足している結果でした。

3社とも不満と最悪が少ないため、仕事が紹介されない・決まらないと思っている人が少ない可能性が高いと言えます。

トップ2社の特徴がこちらです。

派遣会社 特徴 リンク
スタッフサービス ■2週間以内に仕事が決まる人7割以上
求人数業界No1なので、未経験OKな仕事も多い。登録後すぐに紹介してくれるから、すぐに仕事が決まると評判。早く働きたい人は登録必須。
テンプスタッフ ■求人数と職種が豊富
求人数No2で職種も豊富です。時給は平均的なので、上記2社と併用するといい派遣会社。

早く仕事を決めることを重視するなら、スタッフサービスは絶対に外せない派遣会社です。

なぜかというと、スタッフサービス利用者の100人中76人が、2週間以内に仕事が決まったというデータがあるからです。

2週間以内に7割以上の人が仕事が決まるのは、スタッフサービスが業界No1の求人数を扱っていて、希望の条件にあう仕事が見つかりやすいことが関係しています。

時給が高い&丁寧なヒアリングのリクルートスタッフィングと、求人数が多く早く仕事が決まりやすいスタッフサービスを併用するのがおすすめの組み合わせです。

→派遣会社11社の満足度ランキング

コツ② 条件にあう求人に応募する!4件以上

「なかなか仕事が決まらない」と悩んでいる人の中には、そもそも応募している件数が1件や2件と少ない場合があります。

派遣で働いた経験のある100人に、「仕事が決まるまでに応募した件数は?」というアンケートをしてみました。

仕事が決まるまでに、2社以上に応募した人が「75%」、1件で決まった人は「25%」で少数派という結果になりました。

そのため、なかなか仕事が決まらないと悩んでいる人は、応募件数「4件以上」を目標にするといいでしょう。

不採用になると気持ちが落ち込みますが、応募しないと採用されることはありません。めげずに応募しましょう!

→派遣会社の満足度ランキング

補足①:清潔感ある服装や身だしなみで登録会にいく

派遣で仕事をするには、派遣会社への登録会や担当との面談は避けて通れません。

実は、すぐに仕事が決まる人は登録会や面談での印象がいい、TPO(時と場所)にあった「服装や身だしなみ」をしていることが多いです。

ここで簡単な質問です。どちらの人が真面目にみえるでしょうか。

同じ男性でスーツとジーパン姿で印象が違う

おそらく90%以上がスーツのほうが真面目そうと答えるでしょう。逆に、優しそうな人はどっち?であればジーパンを選ぶでしょう。

登録会や面談は、はじめて担当者と接する機会です。「仕事を任せても大丈夫そう」という印象を与えることが重要

スーツでなくてもいいですが、落ち着いた服装と頭髪やヒゲに気を遣っていきましょう。

どの派遣会社にすればいいかわからない人は、派遣社員50人に聞いてわかった「派遣会社11社の満足度ランキング」を参考にしてみてください。

派遣会社 特徴 リンク
リクルート
スタッフィング
■丁寧な仕事紹介で採用率が高い
条件のヒアリングが丁寧で仕事選びで不安がない&採用率が高いと評判。大手企業が多く平均時給が高い、地方でも高時給な求人が多い。
スタッフサービス ■2週間以内に仕事が決まる人7割以上
求人数業界No1なので、未経験OKな仕事も多い。登録後すぐに紹介してくれるから、すぐに仕事が決まると評判。早く働きたい人は登録必須。
テンプスタッフ ■求人数と職種が豊富
求人数No2で職種も豊富です。時給は平均的なので、上記2社と併用するといい派遣会社。

派遣会社が紹介してくれない!なかなか仕事が決まらない人の特徴

女性が椅子に座って頬に手をついて悩んでいる姿

派遣には、「更新しないで別の職場にいきたい」「なんでもいいから早く働きたい」など、いろんな状況の人がいます。

そんな中、応募はしているけど採用されない場合、もしかすると「応募する求人の選び方」を間違えているかもしれません。

  • 倍率が高い人気職種にばかり応募している
  • 経験や資格に見合っていない仕事に応募している
  • 面談のときにハキハキと受け答えできていない

応募する求人をかえると、すんなり採用されることもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

倍率が高い人気の求人ばかりに応募している

派遣に限った話ではなく、受験や上場企業への就活、人気アーティストのチケットなどに共通していることは「人気で倍率が高い」ことがあります。

倍率が高い=不合格や失敗、落選する確率が高い

派遣に当てはめてみると

  • データ入力メインの事務で時給1,700円、残業なし、未経験OK
  • 大学の受付事務、交通費支給あり、土日祝休み
  • 駅直結、10~17時、時短勤務可、子育てママ活躍中

こういった好条件でだれがみても魅力的な求人には、経験者や特別な資格をもっている人も応募してくるため、競争率が高いです。

できればいい条件で働きたいという気持ちは、みんな同じです。

なかなか仕事が決まらずに困っているようであれば、一度冷静に、高望みし過ぎていないか考えてみましょう。

経験や資格が見合っていない仕事に応募している

なかなか仕事が決まらない人の特徴に、「企業が欲しい経験や資格をもっていない」のに、とりあえず応募していることがあります。

  • 事務2年経験、または日商簿記2級
  • Excel、Word、Accessの実務経験あり
  • 英語での読み書きと日常会話できる

派遣には「即戦力」を求めている企業も多いため、「実務経験ないけど資格はある」や「資格はないけど実務でちょっと関わった」という人は、採用されにくい傾向があります。

なかなか仕事が決まらない場合、応募している求人と自身の経験や資格が見合っているか確認してみましょう。

派遣会社の面接時にハキハキ答えられない

派遣会社は、企業に人材を派遣することで利益を得るため、「派遣しても大丈夫、安心して任せられる」という人材を求めています。

そのため、以下のような人は、「ちょっと心配だからやめよう」となる可能性が高いです。

  • 質問したことにハッキリ答えない、もごもごする
  • 担当者のことをみて話すことができない
  • 自信がなくて下をみちゃう。背中が丸まっている

こういった仕草は、本人が自覚していない「クセ」の可能性があります。

客観的に自分の行動が悪い印象を与えているかを確かめる方法として、「家族や友達に聞いてみる」のがいいです。

第三者に聞くと、無意識でやっていたクセや仕草に気づけることはよくあります。

遅刻や早退、勤務態度が悪い

今すでに派遣社員として働いていて、「更新だけど、次の仕事を紹介してもらえなくて困っている」という人もいるでしょう。

更新のタイミングで次の仕事を紹介してくれない場合、2パターンにわかれます。

  • 希望条件にあう仕事がなくて紹介できない状況
  • 遅刻や早退、勤務中の態度で企業からの評価が悪い

次の仕事を紹介してもらえない人は、どちらかに該当している可能性があります。

希望条件にマッチする求人がない場合は、条件を緩めて担当者に相談したほうがいいです。

また、早退や遅刻、企業先で揉めた経験がある場合は、派遣会社の問題児リストに入ってしまっていることも考えられます。

その場合、いくら待っても紹介されることはないので、諦めて他の派遣会社にしましょう。

派遣で仕事がない、見つからない人へのアドバイス

女性の面接官がアドバイスしている場面

派遣会社に登録して仕事を探しているけど、「同じような仕事ばっかりで、いきたい場所がない」という人もいるんじゃないでしょうか。

  • 希望の職種だけど、通勤に2時間かかる
  • 時給が高いけど、ちょっとやりたい仕事と違う
  • 残業ない会社にいきたいのにない

実はちょっとした工夫で、「いきたい!」と思えるような仕事がみつかることがありますよ。

条件を絞りすぎている可能性あり!条件を変えてみよう

なかなか自身の条件あう職場がない人は、「条件を絞りすぎている」可能性があります。

そんなときは、少しだけ希望条件を緩めて探してみるといいです。

  • 希望職種を変えてみる
  • 未経験OKを条件に追加する
  • 時給を100円下げてみる
  • 残業の有無の条件を変える

条件の変更方法としては、「絶対に譲れない条件」を決めてから、他の条件を変えて少しだけ変えるのがポイントです。

それは、一度に時給や勤務地、交通費などの条件を変えて探してしまうと、「あんまり行きたい場所じゃないけどいいか」と妥協してしまう可能性が高いからです。

徐々に条件をかけていくことで、希望条件に近い仕事をみつけやすくなるので、「いきたい職場がない!」と困っている方は試してみてください。