企画・マーケティングの時給・待遇・求人例

企画・マーケティングの時給・待遇・求人例

企画・マーケティングの時給・待遇・求人例

企画・マーケティングは専門性と経験を高く評価されることから、未経験より経験者が優遇される求人が多く見受けられます。

そのため、社員登用の可能性がある求人もありますので派遣社員から直接雇用の道も開きやすいでしょう。また、語学やウェブプロモーションの経験が有利に働く求人もあります。

平均時給

1,650円~3,300円

求人例

大手通信系グループ会社: 駅から徒歩4分・時給2,940円~・残業月20時間・即日~長期・週休2日

これからの動向(ニーズ)

企画・マーケティングの部門において徐々にニーズが高まりつつあり、その背景には欧米企業に倣う企業戦略の採用が挙げられます。

今までの営業至上であった体勢から、企画・マーケティングを本流として戦略を構築していくという形態へと変革を遂げ始めています。

ウェブマーケティングの進化に伴い、データの収集やアプローチ自体が顧客へより一層ダイレクトな形で実現するようになったためでしょう。

新しいウェブサービスの抬頭はデータマイニングによって、マーケティングの可能性を無限大に広げ続けています。

いまでこそウェブディレクターをハンティングすることで社内の「企画・マーケティング」を充実させる方向となっています。

しかしゆくゆくはその部門に精通する人物や連携をとっていける人物、総括する能力を持つ人物など、それらを育成する体制の確立を目論む傾向にあります。

求められる人物像

求められる人物像

企画を立案するのみならず実行する「企画遂行」も含まれることから、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、またリーダーショップなどが求められます。

制作会社やイベンターなどとの絡みも多くなることから、内外多方面にわたる調整能力も問われます。

求められる年齢層としては30代後半が多く、それだけ経験値と専門性を求めていると言えるでしょう。また他部門との折衝を余儀なくされる業務でもありますから、会社の動き一連を把握し理解するマルチな面も必要です。

一つのプロジェクトをやり遂げ結果を出した経験は、かなり優位に立てる材料です。また企画・マーケティング職が海外を業務の舞台とすることも、近年では増えています。

生産拠点のグローバル化に依るところのものです。習慣や国民性の違いは製品品質や納期厳守、ひいてはプロジェクト全体に影響することから、現地での折衝スキルが求められます。

中国やインドといったアジア圏といった場合が多く、英語以外の現地語のスキルも優遇される一因となります。

このように海外生活への耐性ももちろんですが、「企画・マーケティング」は大編激務と成る可能性も秘め、ストレスに耐えられる図太さと、相反する繊細さも人物像に問われる特殊な業務です。

こんな業種にステップアップ

シンクタンクコンサルタント、コンサルタントファーム、イベント企画会社管理職、貿易などを含む企業、マッチングメーカーなど、企画・マーケティングでつちかわれたスキルは、各方面で広く求められる傾向にあります。