企画・マーケティングの仕事内容

企画・マーケティングの仕事内容・求められるスキル

企画・マーケティングの仕事内容・求められるスキル

企画・マーケティングは商品が世の中に出て、認知浸透するまでの戦略を練る仕事です。

そのため、人物や経験が大きなウェイトを占める職種といえましょう。転職の際には自分がどのような経験があるのか、数字やデータを示して具体的にアピールすることがポイントです。

近年ではウェブマーケティングや他国語での実務経験も有利な条件となります。

仕事内容

「企画営業」と「企画・マーケティング」の違い

「企画営業」で言うところの「企画」は、自身の成績を伸ばすことで社全体の業績をアップに尽力するという「自身に対する働きかけ」という意味を多分に含みますが、「企画・マーケティング」となれば捉え方は変わります。

マーケティングとは、「いかにして自社の商品に価値を見出してもらい対価を頂くか」ということです。

ここでの「企画」は「営業企画」に分類され、開発に直結しマーケティングの一角として存在します。「促進企画」と言い換えることが可能でしょう。

とある商品の概要が開発企画で生み出され、開発が試作として具現化すると市場調査が動き、市場の求めとの整合性が取れれば商品化されます。

この商品が世に出て認知され浸透するまでの「最終段階」を担うのが、「企画・マーケティング」となります。

「市場に価値を問う」という手法があると同時に、「市場は創りだすものである」という考え方もあります。市場を動かすといった方がいいでしょうか。

市場が潜在的に持つ意識にどう働きかけ、「求めている」と認識させるかで市場は流動性を持ち、提供者の意図する方向へ動き始めます。流行の中に商品を放り込むのか、商品が流行を作るのかという違いです。

どちらであれ、それに応じた戦略を練る業務というのが企画・マーケティングの本質です。

新しい商品の構成の企画やマーケットリサーチを行い、ターゲット層の決定にともなう外縁を創造し、チャネル開拓とプロモーション、社内に向けた戦略を構築することで「その商品で対価を頂く」ところまで導くのです。

企画・マーケティングの創造する戦略

「消費者に向けたもの」「チャネルに向けたもの」「社内に向けたもの」の3つに分けることができます。

店内キャンペーン、ノベリティー配布、イベント、パブリシティ展開、サンプリング、特典提供などは、消費者向けに行われるセールスプロモーション。

チャネル向けに行われるキックバックキャンペーン。自社製品のノベリティーや試供品をつかったイベントなどの提案は同時に店舗側の集客を促進するもので「消費者側」「チャネル側」「自社」の三者がメリットを見いだせる企画となり得ます。

社内向けプロモーションは、主に営業部門との連携となります。

社内に向けて商品価値をアナウンスすることで社内全体の共通認識とし、意識の向上を図ることがまず挙げられます。

販路開拓の戦略提供や、消費者・チャネル向けプロモーション展開などによって営業活動へのバックアップも行います。また営業のモチベーションを向上させるため、インセンティブ企画などを行う場合もあるでしょう。

これらは「宣伝・広告」を受け持つ部署との連動によって、全ての方向性を整合していきます。

このような企業の本質を担うものが、「企画・マーケティング」の業務となるのです。これらの企画を立案するのみならず実行する「企画遂行」も含まれる場合も多いでしょう。

必要な資格やスキル、経験

必要な資格やスキル、経験

特別に必要とされる資格などはありません。もちろんエクセル・ワードを含む基本的なPC操作は必要でしょうが、活躍されている方の中にはそれすらも不得手な方は多くいらっしゃいます。

それだけ人物に依るところが大きな職種とも言えます。だからこそ「私はどのような人物である」ということを具体的にまた信憑性を持って伝えることがポイントとなるのです。

過去どのような商材を扱い、法人顧客であったのか個人顧客か、数値で表せる成果(売上高やPV等)などの実績をスキルとして示せるようにしておくと、自他に向ける分析能力と調整能力までも伝える事ができます。

発案から実行までを担当したプロジェクトがあれば、その一連が与える印象は大きなものです。

ウェブプロモーションやマーケティングの経験も具体的に伝えることが出来れば、今は高待遇を受ける可能性を高くします。ウェブアクセスロク解析・各種BIツールを使ったデータマイニング経験なども有利となる場合が多いようです。

日本経済は生産体制のみならず、市場の世界規模となりました。積極的にグローバルスタンダードを取り入れています。

英語や他国語での実務経験とともに、広い視野を持ち世界の動向に敏感であることも重要視されています。デファクトスタンダードを目指す業界などでは特に、「企画・マーケティング」が担う部分が絶大となるのです。