研究・開発の仕事内容

研究・開発の仕事とは

研究・開発の仕事とは

さまざまな分野で新商品の開発や研究の業務があります。

医薬品や食品だけでなく、工学・理化学分野でもデータ解析等の仕事があります。

主に実験と実験にまつわる諸業務、データ解析や検証が多いようです。

いずれにしても理系のバックグラウンドは必要です。

派遣社員として働くメリット

専門職なので時給が高い
・実務経験がなくても派遣では基礎知識があれば採用されやすい
・自分の希望の分野に就労しやすい

必要なスキル

大学や専門学校での習得

基本的な知識や実験機器の使用などは大学や専門学校で身につけるのが一般的です。全く知識がなく、実験経験も皆無では採用が難しいので基本的なスキルを学ぶ必要があります。

専門分野での資格やスキルが必要

研究開発ではどの分野でも仕事ができる、というわけではありません。

医療なら薬学や医学の知識、化学系では理学の知識、それぞれ実験装置や使用する薬品なども違うので、自分の分野でのスキルを高めていく事が重要です。

資格も医療分野なら薬剤師や医療機器販売管理者といった資格、研究室なら実験の経験などが評価につながります。

派遣ではどんな仕事があるの?

・化学系の企業での研究開発
・大手ビール会社で分析業務
・化粧品メーカーでの実験・データ解析
・製薬会社での研究補助

研究室などで業務の補助や書類業務(申請書のチェック)などはごく基礎的な知識とOAスキルがあれば採用されます。

派遣では紹介予定派遣が多い業種のひとつでもあり正社員への道が開く場合も多いようです。

研究・開発の派遣社員としてのステップアップ

派遣ではどの分野においても、学生時代に実験経験や理系のバックグラウンドがあれば採用される業務はあるようです。

いっぽうで実務経験があり、それぞれの専門分野の知識を持っていると時給の高い案件も多く、派遣社員としてはまずアシスタント的業務からスタートして、徐々にステップアップしていくのが一般的です。

またブランクがあっても実務経験が過去にあれば問題がない事が多いので、リケジョで結婚や出産のため退職した人が派遣社員として復職するのもひとつの方法です。

商品開発などは大卒で就職してもなかなか希望どおりに配属されない事が多いようですが、派遣社員として実績を積み、最終的には正社員登用となれたというパターンもよく耳にします。