派遣会社は複数登録してもいい?90人にアンケートをとった結果まとめ

編集部の石崎です!

「派遣会社って、同時に複数登録してもいいの?」

派遣で働こうとする時、あるいは実際に1社に登録した後、多くの人が「他にも、何社か派遣会社に登録していいのかな」と悩むことが多いです。

そこで、90名の派遣社員にアンケートを実施し「派遣会社の複数登録」についてさまざまな質問をしてみました。

今回の記事では、複数の派遣会社に登録して大丈夫なのか、実際にいくつの派遣会社に登録している人が多いのか、また複数登録するときに注意すべき点などをまとめました。

派遣会社に複数登録するのは問題なし!

結論からいえば「複数の派遣会社に登録するのは問題ない」です。

そもそも派遣会社の登録はあくまで登録だけで、派遣会社に入社したわけではありません。派遣会社に人材として登録するだけですから、3つでも4つでも登録して問題ありません。

en派遣

引用:en派遣公式サイト

派遣で働こうとする人、働いている人の多くが「同時に複数の派遣会社に登録してもいいのかな?」と疑問に思っているため、大手派遣会社の公式サイトQ&Aにも上記のような回答が掲載されています。

派遣会社の複数登録は法律で規制があるわけでもありません。それどころか、派遣会社自体が「いくつか登録することをおすすめ」していることがわかりますね。

実際、90%の人が複数の派遣会社に登録していると回答

【複数の派遣会社に登録している・したことがある】
派遣 複数登録

複数の派遣会社に登録した人は90%にものぼります。10人の派遣社員がいれば、9人までが2社以上の派遣会社、複数に登録しているわけです!

では、実際に登録した派遣会社の数はどうでしょうか。

【登録した派遣会社の数】
登録した派遣会社の数

登録した派遣会社の数も2社から4社で全体の60%以上です。派遣会社の登録数は2社から3社が最も多いですね。

なぜ、ほとんどの人が複数の派遣会社に登録しているのでしょうか。

74%の人が複数の派遣会社に登録した方が"仕事を探しやすい"と感じている

アンケートでは、複数の派遣会社に登録した人にメリットを聞いてみました。

【複数の派遣会社に登録するメリット】
複数の派遣会社に登録するメリット

  • いろいろな求人を見ることができる
  • 条件にあう求人がみつかりやすくなる

1つの派遣会社よりも、複数の派遣会社に登録したほうが、多くの求人情報を得られます。多くの求人があれば、いろいろな条件の仕事が見られます。

いろいろな仕事を紹介してもらえば、より条件にマッチした仕事が見つけやすくなるわけです。つまり早く仕事が決まることが多いとも言えます。

とりあえず派遣会社に登録してみた、という人は「あまり良い仕事がないな、こんなものなのかな」とあきらめず、他の派遣会社の登録も考えるべきですね。

派遣会社の複数登録をおすすめする理由・メリット

ここからは、派遣会社に複数登録したほうがよい具体的な理由やメリットについてお話しします。

大きくわけると、派遣会社の複数登録するメリットは3つあります。

複数登録するメリット
  • 仕事の選択肢が増えて条件にあう仕事が見つかりやすい
  • 早く仕事が見つかり妥協せずに働ける
  • 比較できるから「自分に合う派遣会社」「条件の良い案件」がわかる

仕事の選択肢が増えて条件にあう仕事が見つかりやすい

アンケート回答者の声

  • 勤務地や時給も選べる幅がふくらむ
  • いくつか登録していれば、それだけ紹介される求人が増える
  • 派遣会社によって持っている求人が異なるので複数登録したほうがよい
  • 就業時間や仕事内容は選択肢が多ければ多いほどいい

仕事選びは選択肢が多いほど、自分の条件やより良い待遇を見つけられる可能性が高くなります。

ひとつの派遣会社だと決まった仕事、毎回似たような案件しか紹介されないこともあるので、派遣会社は少なくとも2社以上登録するほうがいいですね。

早く仕事が見つかり妥協せずに働ける

アンケート回答者の声

  • 1社だけだと条件にあった案件が簡単に見つからない
  • 数社登録すれば、それだけ紹介される求人も増え仕事も早く決まる
  • 紹介される機会が増えて間隔をあけずに次の仕事を見つけやすい
  • 採用される率も上がる

そもそも案件を紹介してもらわないと、仕事が決まりません。なかなか仕事が決まらなければ、当然、生活費などのために条件を大幅に妥協して、気に入らない仕事でも働かざるを得なくなります。

1社と3社では、単純に言えば3社に登録すれば、3倍の求人募集を見られます。母数が増えれば気に入った条件の案件が見つけやすくなり、早く仕事が決まります。

好条件の仕事はライバルも多くなるので採用される確率がダウンします。でも複数の派遣会社に登録しておけば、ひとつがダメでも別のところで採用が決まることもあり「早く、確実に仕事を決めていくためにも派遣会社は複数登録が鉄則!」という意見にはうなずけますね。

比較できるから「自分に合う派遣会社」「条件の良い案件」がわかる

アンケート回答者の声

  • 同じ現場で複数の派遣会社が募集していることもあり条件を比較して選べる
  • 何社かの中で自分にあった担当者が見つかった
  • 同じ案件でも契約単価が違うことがあるから「より良い条件」かどうか比べて決められる
  • どの派遣会社の対応がよいか比べることでよくわかる

「A派遣会社では時給に交通費も含まれるが、B派遣会社だと交通費は別途支給になっている、この違いは実は大きいけれど、複数の派遣会社に登録するまでわからなかった」という声に代表されるように、比較することでわかることは多くあります。

実は同じ仕事でも、派遣会社員よって細かい条件が違うことは日常茶飯事です。働く側にとっては、少しでも良い条件で仕事を受けたいのですから、比較して選ぶのは当然といえば当然です。

派遣会社により個性や社風も違うし、得意不得意の分野があります。同じ業種でも、担当者が企業とどれだけ良い関係が築けているかで採用にも影響します。

自分にあった派遣会社や担当者を見つけやすいことも派遣会社の複数登録によるメリットです。

派遣会社の複数登録するときの注意点

ここでは派遣会社に登録する際の注意点についてお伝えします。

複数の派遣会社に登録したほうがよいことは、おわかり頂けたと思います。では、実際にいくつかの派遣会社に同時に登録するときはどんなことが大変なのか、注意すべき点などを見ていきましょう。

【派遣会社に複数登録して大変だったこと】
altの内容をここに入力

派遣会社から送られてくる求人情報や電話の対応などが大変が60%と半数を大きく超えていますね。さらにエントリーした企業や日程などを管理するのが面倒という声も約40%近くいます。

派遣会社の複数登録のメリットは「たくさん仕事を紹介してもらえる」ことなのですが、裏返すと「きちんと管理しないとわからなくなる」デメリットにもなってしまいます。

では、どんなことが大変だったかを具体的に見ていきましょう。アンケートでは解決策や工夫した点も答えて頂いたのでいくつか載せています。ぜひ参考にしてください。

メールや電話が多くて対応が大変

アンケート回答者の声

  • 1社が1日で何通ものメール×4社なのでスゴイ数になり大変だった
  • 電話が鳴りっぱなしのときもあった
  • 連絡の対応で疲れてしまった

派遣会社の多くが、登録後に求人紹介のお知らせのほか、現況把握や確認の電話をしてきます。連絡が頻繁にあるうえに2社、3社となれば2倍、3倍の量になるので「面倒」という声が多かったのでしょう。

「仕事がきまったら連絡必要なしとハッキリ伝える」
「それでもメールは送られてきたりするので止めてほしいと連絡をした」

同時進行で求人が進むこともあるため、仕事が決まるまでの間は我慢と割り切っているケースも多いですね。確かに仕事がない、決まらないで悩むよりは、多くの求人があって大変というのは嬉しい悲鳴と言えるのかも!

どの会社のエントリーか求人か混乱しやすい

アンケート回答者の声

  • どこの会社の求人かわからなくなる
  • たくさん求人がきすぎて面倒になった
  • どこの派遣でどの会社に応募したか混乱しやすい

連絡が多いのは何とかなりますが、求人情報や募集した状況などはしっかり把握しておくことはとても大切です。スケジュールの管理は手帳やスマホのアプリを活用し、日程を忘れないようにしましょう。

たとえば派遣会社別に「メールは派遣会社ごとフォルダわけしている」「同じ派遣先の求人が来たときなどは特に間違えないよう気をつける」など、皆さん、混乱しないようにそれぞれ工夫しています。

そもそも登録するのが面倒

アンケート回答者の声

  • 登録にいくのが手間
  • ほとんど同じような手続きを何社もするのは面倒
  • それぞれのシステムに登録し、それぞれのシステムの使い方が違うから大変

派遣会社への登録は、確かにほぼ同じような手続きになるでしょう。それなりに時間もかかりますし、ヒアリングの時間もあります。さすがに1日に何社も回るのは大変なので、まず1社に登録し、それから自分でコントロールできる範囲で派遣会社の登録数を増やすといいのではないでしょうか。

アンケート結果でも2社〜3社が多かったのですが、このくらいがもっともラクな登録数かもしれません。ただし、派遣会社や業種によっては、あまり紹介数が多くないこともあります。

派遣会社の数よりも「紹介される仕事の数」がポイントになります。求人数が少ない場合には、4社、5社とさらに登録数も増やしてみましょう。登録自体は確かに面倒ですが、自分にあった仕事が途切れることなく見つかることはもっと大事ですから!