【IT/Web業界に強い】転職サイトGreen(グリーン)に登録してみた評価!

今回は転職サイトのGreen(グリーン)へ登録して使ってみました。この記事では自分の体験談をもとに、利用する際のメリット・デメリットや注意点など感じたことを紹介します。

これからGreen(グリーン)を使ってみようか悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

筆者プロフィール
佐藤(仮名):29歳

大学卒業後に新卒入社した企業で営業の仕事をしている。
スキルを身に付けたくIT/Web業界への転職を目標に活動している。

結論:IT/web業界希望でマイペースに活動したい人へおすすめ!

結論:IT/web業界希望でマイペースに活動したい人へおすすめ!

Green(グリーン)を使ってみて、このタイプの人に向いていると感じました。

  • IT/Web業界への転職を考えている
  • マイペースに就活したい
  • IT/Web業界へ転職希望で経験やスキルがある

まずGreen(グリーン)はIT/Web業界への転職を考えている人に向いています。実際に使ってみてIT/Web業界の求人が豊富なことに驚きました。

自分が利用した時はIT/Web業界の求人は約1.8万件もあったため、この求人数なら自分の求める条件にマッチした企業と出会える確率は高いと感じました。

次にGreen(グリーン)は転職サイトのため、求人検索から企業とのやり取りまで全て自分で行う必要があります。が、逆に言えば自分のペースで進められるマイペースに転職活動したい人も向いています。

「早く転職したいから、どんどん応募して進めたい!」という人も「そこまで転職することに焦っていないから、じっくり求人を探して進めていきたい」という人も、自分の転職スタイルに合わせてペースを決められます。

最後に利用してみて色々な求人を見ていく中で、Green(グリーン)の求人のほとんどが中途採用の即戦力を求めている企業でした。

そのためIT/Web業界へ転職希望で、ある程度の経験やスキルを持っている人も向いていると感じました。

転職サイトGreen(グリーン)に向いていない人の特徴

Green(グリーン)を使ってみて、この3つタイプに当てはまる人は向いていないと感じました。

  • IT/Web業界以外の求人を探している
  • 自分に向いている仕事がわからない
  • 詳しい人にキャリア相談をしたい
  • 経験やスキルがない

Green(グリーン)の全体的な求人数のうち、IT/Web業界の求人が大半を占めています。すなわちIT/Web業界以外の求人が他の転職サイトに比べ少ないです。

そのためIT/Web業界以外の求人を探している人は他の転職サイトを利用した方が、より多くの求人の中から自分にマッチした求人を探せます。

また転職活動を進める際に「自分に向いている仕事がわからない、自分一人では不安を感じるため転職活動に詳しい人に相談をしたい」という人は転職サイトよりも、転職エージェントの利用が向いています。

転職エージェントであれば、転職に詳しいプロの担当者が求人紹介やサポートをしてくれます。基本的に利用料金は無料のため、一度試しに無料相談をしてみるのもおすすめです。

最後に調べてみて分かったのですが、Green(グリーン)の採用コストはかなり高いんです...。採用コストはGreen(グリーン)経由の応募で内定者が決まったら、企業はGreen(グリーン)へ支払うコストのことです。

企業側はそのコストに見合った即戦力となる人材を求めているため、経験やスキルがない未経験や第二新卒はグリーン経由だと厳しいです。(応募しても落ちまくることが多々...)

未経験やスキルのない方は転職エージェントを使うのもありですが、まずはその企業へ直接応募してみましょう。直接応募の場合は問題の採用コストが無くなるため、企業側も採用するハードルがグンと下がります。

転職サイトGreen(グリーン)に登録してみた体験談

転職サイトGreen(グリーン)に登録してみた体験談

それでは、自分がGreen(グリーン)を使ってみた感想を体験談としてお伝えします。

まずGreen(グリーン)を使おうと思った理由を3つ紹介します。

  • IT/Web業界の求人が多い
  • 他のサイトよりお堅い企業が少なそう
  • 転職が決まったらアマゾンギフト券をもらえる!(おまけ)

自分はIT/Web業界希望のため、IT/Web業界に強いと公式が明言しているGreen(グリーン)を選びました。

これまでの経験から上限関係がガチガチのお堅い企業が苦手だと感じたため、公式サイトの「転職をカジュアルに。」って言葉を見て、お堅い企業が苦手な自分にピッタリだと感じました!

おまけですがGreen(グリーン)経由で応募した企業から内定が出た場合に申請をすると、祝い金としてアマゾンギフト券がもらえます。

転職が決まったら転職活動を頑張った自分へ、ご褒美を買おうと思っています!

転職サイトGreen(グリーン)のアプリに登録する方法

Green(グリーン)に登録したとこから紹介していきます。登録はサイトまたはアプリから、以下の手順で簡単にできます。

  1. 各ストアからアプリをダウンロード
  2. メールアドレス・パスワードを登録
  3. 希望勤務地/経験職種/年数を選択
  4. 会員登録完了

転職サイトGreen(グリーン)の求人はIT/Web業界が多い

Green(グリーン)の求人がどんな感じか、ざっとまとめてみました!

総求人数 約2.1万
IT/Web系 約1.8万件
その他 約3,000件

※2021/07現在

自分が利用した際のGreen(グリーン)は求人数が全体で約2.1万件ありました。IT/Web業界の求人に強いこともあり、IT/Web系の求人は約1.8万件と多くの割合を占めています。

逆にその他の求人は約3,000件と、他の転職サイトと比べてもかなり少ない状態でした。

応募の際にメッセージを入れると反応が良い!

応募の際にメッセージを入れると反応が良い!

ここでGreen(グリーン)で応募する際に、企業からの反応が良くなるコツを紹介したいと思います!

Green(グリーン)では企業へ応募をする際に、自分が伝えたいメッセージを入力できます。デフォルト文のままでも送れるのですが、あまり企業の反応はよくありません...

メッセージをデフォルト文で送るのと「自分の実績やスキル、志望動機など」を書いて送るのでは、企業の反応が違いました。

自分が思うに応募を見る企業の求人担当者も人間なので、メッセージ文で印象が大きく変わるのだと思います。

もし自分が求人担当だったらデフォルト文の人より、少しでも自分の実績やスキルなどを書いている人の方が、メッセージから熱意が感じられ好印象を受けます。

応募の際は企業の求人担当者に少しでも興味を持ってもらうために、実績やスキル、志望動機など何かメッセージに記載して応募することをおすすめします!

以下の例文のような感じで送ると今までの実績やスキル、志望動機を伝えられます。「どうやって書けばいいのかわからない...」という方は、応募の際に参考にしてみてください。

<例文>
バックオフィス業務を経て、直近3年はWeb制作の進行管理やクライアントの折衝業務を担当していました。進行管理ではデザイナー・プログラマー・コーダー含め8名のメンバーの状況を管理し、納期調整などを担当しました。また、同時に10個の案件を同時に抱えており、全て余裕を持った納品をしていました。

スケジュール管理や全体を見渡す力、ボトルネックとなる問題を早期に発見できることが強みだと自負しております。

貴社を志望した理由としましては、今まで経験した業務内容と近く、早い段階で戦力になれるのではないかと思ったこと、そして貴社が制作しているWebに感銘を受け、制作に関わりたいと強く感じていることが理由です。

面談の機会を頂けますように、よろしくお願いいたします。

転職サイトGreen(グリーン)の「気になる(スカウト)」について

転職サイトGreen(グリーン)の「気になる(スカウト)」について

Green(グリーン)には「企業からの気になる」というスカウト機能があり、自分に興味を持ってくれた企業を知ることができます。

これは企業側が自分のプロフィールを見て、気になったら届く企業からのアプローチです。

が、登録したてでプロフィールがスカスカな状態にもかかわらず、企業から気になるが届きました。自分的には「きちんと見ているのかな?機械的っぽいな」と感じました。

登録してすぐに届いた「気になる」には、過度に期待しない方がいいかもしれませんね。

企業からスカウトをもらうコツ!

中には自分のプロフィールをしっかり見てくれている企業があるのも事実です。そこで企業からのスカウトを受けるためのコツを紹介します!

企業側がスカウトを行う際に、企業側の求人担当者も条件を指定して検索を行います。検索条件は年齢や年収、指定のキーワードなどです。

この検索には職務経歴に記載した内容もヒットするため、スキルも細かいことまで記載しましょう。キーワードが多いほど記載することでヒットする確率が上がり、より多くの企業の目に留まりやすくなります。

転職サイトGreen(グリーン)には自社バレを防げる機能がある

転職サイトGreen(グリーン)には自社バレを防げる機能がある

Green(グリーン)を利用している人で自社バレが心配な方も、バレるのを防いで活動する方法があります!それは「ブロック企業設定」で設定した企業からの検索にヒットしないようにすることです。

  • Green(グリーン)に自分が現在勤務している会社
  • 過去勤めていた会社

これらのバレたくない企業がある場合は設定で、その企業に対し自分のプロフィールを非表示にして活動しましょう。自分は自社バレが嫌だったので、アプリを入れて即設定しました。

おかげで快適にGreen(グリーン)が使えました!

転職サイトGreen(グリーン)を使ってみた感想

ここまで自分がGreen(グリーン)を利用した際に感じたことを紹介してきました。ここでは良かった点・あまり良くなかった点と、メリット・デメリットをまとめてみました。

「良かった点」
まずIT/Web業界でカジュアルな雰囲気のスタートアップやベンチャーの求人が多く良かったです!

Green(グリーン)のコンセプトが「IT/Web特化」ということもあり総合的な転職サイトよりも、そういった人材を求めている求人が多くありました。

社内の雰囲気を感じられる写真が多く、自分がそこで働くイメージができたりしました。さらにスタートアップやベンチャーの求人が目立ち、お堅い企業が苦手な自分にあった転職サイトだと感じました。

「あまり良くなかった点」
逆にあまり良くなかった点は「企業からの気になる」が機械的な感じのところです。

自分は企業の担当者が特定の条件で検索してヒットした人のプロフィールを実際に見てから、気になった人へアプローチしているのだと思っていました。

が、実際に使ってみてスカスカのプロフィールでも気になるが届いたため、プロフィールを見ずに機械的に送っている感じがして不信感を覚えました。

転職サイトGreen(グリーン)を利用するメリット

転職サイトGreen(グリーン)を利用するメリット

Green(グリーン)を使うことのメリットを2つ感じました。

まずはGreen(グリーン)で応募をする際に、メッセージで自分の熱量を伝えられることです。

応募文を見る企業の担当者に、直接自分の気持ちや熱意を伝えられます。そのためスキルや実績以外の部分でも、アピールできることにメリットを感じました。

次にGreen(グリーン)は採用コストが高いためか、そのコストに見合った中小企業の上層ポジションの求人が多くありました。

これは一部の経験やスキルがある人限定になりますが、キャリアアップを狙って上層ポジションの求人を探している人にとっては、メリットだと感じました。

転職サイトGreen(グリーン)を利用するデメリット

Green(グリーン)を使う際のデメリットは2つありました。

Green(グリーン)は転職サイトのため、転職活動は全て自分で進める必要があります。この部分が面倒だと感じる人にとっては、デメリットだと感じました。

「全て自分でやるのは面倒だけど、転職はしたい!」という方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントであれば担当者がヒアリングをもとに、自分にマッチした求人紹介や履歴書の添削を行ってくれるため、転職活動で面倒だと感じる作業を代行して進めてくれます。

次に未経験や第二新卒で、経験やスキルが無い人の転職が厳しいのはデメリットだと感じました。Green(グリーン)の採用コストが高いため、企業のことを考えると仕方ない部分ではありますが...。

未経験や第二新卒で転職したい人は、未経験や第二新卒の求人が多い総合的な転職サイトの利用がおすすめです。

またGreen(グリーン)で気になる企業があった場合には、採用コストの問題をクリアできる企業への直接応募も検討してみてください!

転職サイトGreen(グリーン)を利用する際の注意点

転職サイトGreen(グリーン)を利用する際の注意点

実際にGreen(グリーン)を利用してみて「ココには注意した方がいい!」と感じたことを紹介します。これからGreen(グリーン)を使おうと思っている人は参考にしてください。

1.求人に偏りがある

先ほども紹介したようにGreen(グリーン)はIT/Web業界の求人数が多く、その他の業界・職種の求人は少ないです。

そのためIT/Web業界以外を希望している人は、他の転職サイトを使うとより多くの求人に出会えます

また「具体的な業界が決まっていないけど、どんな求人があるか見たいな」という方も、様々な求人が見られ全体的な求人数が多い転職サイトの利用がおすすめです。

2.企業から気になるが届いたからといって必ず選考が有利になる訳じゃない

Green(グリーン)を利用する前は、気になるが届いたら選考を有利に進めると思っていました。しかし実際に使ってみて、企業からの「気になる」が届いても必ず有利になる訳じゃないと感じました。

登録直後に「気になる」は機械的に送られている感じがして、自分のプロフィールをしっかり読んだうえで判断している感じがしません。

そのため気になるが届いたからといって、必ず選考が有利になるという訳ではないと思います。

全ての企業がからの「気になる」が該当する訳ではないと思いますが、気になるは求人探しの際の参考程度に考えておくと良いでしょう。

3.自分から行動しないと転職できない

Green(グリーン)だけではありませんが、転職サイトを見てるだけでは転職できません。自分から行動し、求人探しや面接をして内定を勝ち取らないと転職はできません。

転職サイトは無料かつ手軽に使えるため便利ですが、自ら行動できない人が転職サイトを使っても時間の無駄になると感じています。

「転職したいけど、なかなか行動に移せない」という方は転職サイトよりも強制力がある転職エージェントの利用がおすすめです。

現状と同じ実績・スキルで転職活動をするなら、1秒でも早い方がいいです。同じ実績・スキルを持つ人が応募した際には、最終的な判断基準として見られるのは「年齢」です。

若い人材の方が将来性がありますからね。

良い求人に出会うために、転職サイトは複数使おう!

良い求人に出会うために、転職サイトは複数使おう!

ここまでGreen(グリーン)だけを利用した体験談を紹介してきましたが、転職サイトを利用する際は複数使ってみる方が良いなと感じました。

Green(グリーン)にはIT/Web業界のベンチャーの求人が多くあり、そこを目指している自分には魅力的な転職サイトでした。が、Green(グリーン)にはない求人が、他の転職サイトにある可能性は十分あります。

自分の将来に大きく関わる転職活動では、自分の条件にマッチした求人と出会うことが大切です。

そのため時間はかかりますが、いくつか転職サイトを使ってみて良い求人に出会う確率を上げることが重要だと感じました。

運営会社 株式会社アトラエ
本社所在地 〒106-0045
東京都港区麻布十番1-10-10 ジュールA 8F
メールアドレス ir@atrae.co.jp
公式サイト https://atrae.co.jp/