営業とは?仕事内容や給料、必要なスキルについて徹底解説

編集部の加藤です!

派遣で営業の仕事が気になるけど、こんなことで迷っていませんか?

  • そもそも営業って何するのか分からない
  • 未経験でも営業ってできる?
  • 必要なスキルとか資格ってある?
  • どれぐらいお給料もらえるの?

そんな営業への疑問をここで解決しちゃいましょう。最後まで読むと、営業の仕事にトライしたくなっているかもしれませんよ。

営業の仕事内容

営業の仕事内容
営業の仕事とは、お客様に自社のサービスや商品を売り込むのがメインです。

「売り込む」というのがポイントで、お客様の購入意欲を高めて購入へと結び付けたり、契約を取るのが営業の役割です。

よくドラマやマンガで「契約が取れた!」と喜んでいるシーンってありますよね。まさにあれが営業の仕事です。

では営業の人はどんな流れで仕事をしているのでしょうか。スケジュールの一例を紹介しますね。

営業の1日のスケジュール、流れ

派遣で営業をしているAさん(女性・28歳)のスケジュールを紹介します。

8:00 出社 まずはメールチェック
お客様から重要なメールが来ていないか確認
8:30 朝礼 朝礼に参加し、今日のスケジュールを確認
今日訪問する予定件数もここで確認し、上司に報告
9:00 営業に出発 列車&徒歩で営業先を回り、お客様のニーズを聞きながら商品を紹介
商品を導入されている場合は、使用中に困ったことはないかを確認
列車の待ち時間にはスマホでニュースをササッとチェックして、お客様との会話に役立てる
12:00 お昼 派遣先の会社に戻って社食でランチ!
午後からも歩くのでしっかり食べる
13:00 営業に出発 お得意様だけではなく、新規訪問も行う
初めて訪問するときはドキドキ
17:00 帰社
結果報告
予定件数の訪問を終えて帰社
上司に今日の報告と明日の予定を確認
明日は大事な商談が控えているので今日のうちに準備
18:00 退社 今日の仕事は終了
明日の商談で頑張れるよう、美味しいスイーツを買って帰宅

何となく営業の仕事の流れは掴めたでしょうか。
勤務時間の半分以上が、お客様を訪問しているのが分かりますね。

このように、売り込んだりお客様のニーズを確認するために外回りをするのが営業のメインの仕事です。

営業に必要なスキルとあると有利な資格

営業に必要なスキルとあると有利な資格

ここでは営業に必要なスキルと持っていると有利な資格を紹介します!

営業が未経験の場合、どんなスキルや資格が必要なのか気になりますよね。スキルの有無で営業の仕事に差が出るのなら、持っていて損はありません。

ここでは、営業に必要なスキルと有利な資格をそれぞれ3つずつ紹介します。

営業職で必要なスキル

営業をやるのに必要なスキルは次の3つです。

営業職で必要なスキル
  • 時事ネタや話題の収集力
  • コミュニケーションスキル
  • 粘り強さと強いメンタル

これらがなぜ必要なのか、順に説明します。

時事ネタや話題の収集力

突然ですが、あなたがお客様だとします。営業の人があなたのところへやってきて、商品を勧めてきました。

ただ単に自社商品の話だけしかしない営業マン。あなたはどう感じますか?

営業は商品やサービスを売り込む仕事です。だからと言って、売り込むことばかりにとらわれてしまうとお客様は自然と心の壁を作ってしまいます。

売り込むことは大事ですが、まずは相手との心の距離を縮めるのがポイントです。それには話題作りが欠かせません。

話題作りと言っても難しいことはありません。

  • ニュース
  • エンタメ
  • スポーツ
  • 政治経済
  • 時事ネタ

このような話題は、テレビや新聞、インターネットで情報を収集できます。隅から隅まで読まなくても、大まかな部分を頭に入れておくだけでもOKですよ。

たとえばお客様が大相撲ファンだとします。もしあなたがスポーツニュースをチェックしていたら、こんな風に話を進めることができます。

あなた「そういえば昨日の取組、ご覧になりました?○○関が負けてしまって大波乱でしたね」

お客様「そうなんだよ!こりゃ誰が優勝するかまったく分からんな」

あなた「本当にそうですよね。今若手の■■関が株を上げてますしね」

お客様「そうそう、俺はアイツにこのまま突っ走ってほしいんだよな」

たったこれだけの会話ですが、お客様の好きな話題を持ちかけるだけで心の壁は一瞬でなくなり、打ち解けやすくなるんです。

ニュースや話題のチェックは、自分自身の知識にもなるのでぜひ押さえておくといいですよ。

なお、話題で注意してほしいのが次の2点です。

  • 自分が支持している政党を持ち上げるのはNG
  • 宗教の話題には触れない

この2つはとてもデリケートな部分のため、営業に限らず人との会話で避けたほうが無難です。お客様が話題にしない限り、こちらから話すのはやめておきましょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、時事ネタや話題の収集力と肩を並べるほどに重要なスキルです。しかし、難しく考える必要はありません。

ざっくり言うと、会話のキャッチボールができればOKです。

会話のキャッチボールに必要なのは次の3点です。

会話のキャッチボールに必要な3点
  • 相手の話や意図を聞き出す力
  • 伝えたいことを分かりやすく伝える力
  • 人間関係を作る力

この3つの力は、相手の話をじっくりと聞き、相手の立場に立って話すことで上達します。

表情声のトーンから感情や伝えたいことを読み取ることができると、上手に返答したり相づちを打てます。

すると相手は「分かってくれた」と嬉しくなり、心を開いてくれます。

しかし、相手のことばかり考えながら話すのも大変ですよね。力んでしまうとキャッチボールはうまくいきません。

まずは、会話を楽しむことを目標にしてみてください。楽しいという雰囲気はお客様にも伝わり、自然と打ち解けられますよ。

粘り強さと強いメンタル

営業で欠かせないスキルと言えば、強いメンタルです。粘り強さ、打たれ強さ、どちらも営業に必要な力です。

営業をしていると、心が折れそうになることが少なからずあります。

  • 契約を取れなかった
  • 断られてかなりショック
  • 取引先のお客様の上から目線が辛い

こんなことは営業ではよくあります。そこで落ち込んでも、またはい上がってくる強いメンタルが営業には求められます。

「営業は断られて当然!」というぐらいの気持ちで臨むといいですよ。

あると有利な資格

営業の仕事をするのに必要な資格は特にありません。しかし、持っていると有利な資格があります。
代表的なのは次の3つです。

持っていると有利な資格
  • TOEIC
  • 日商簿記検定
  • MOS

営業の仕事をしたことがなくても、見聞きしたことがあるかもしれませんね。これらの資格がなぜ有利なのかを説明します。

TOEIC

TOEICは、英語のコミュニケーション能力を評価するものです。世界中で実施されている有名な検定ですね。

リスニングとリーディングを行い、最高得点が990点です。国際社会の今、TOEICの点数が高いと営業職で有利に働き、外資系企業への採用のチャンスもあります。

また、語学力を活かして海外勤務というケースもありますよ。営業職でTOEIC検定を求めている場合、650点あるとより有利です。

日商簿記検定

簿記2級以上を持っていると、営業への転職にとても有利です。会計知識があると認められ、採用するときに重視する会社もあります。

また、数字に強いため営業での提案力にも説得感が出ます。営業職を目指すならぜひ取得しておきたいですね。

MOS

MOSは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略で、ワードやエクセル、パワーポイントのスキルがあることを証明できます。

契約書や提案書、グラフの作成など、営業にはこれらのソフトを使いこなすスキルが必要です。MOSを取得していればそのレベルの高さをアピールできますよ。

また、ソフトを使って分かりやすい書類を作ることができれば、お客様の信頼もグッと高まります。

営業が向いている人

営業が向いている人

ここでは営業が向いている人について紹介します!


ここまで、営業に必要なスキルや資格について紹介しました。では、営業に向いている人はどのような人なのでしょうか。

営業が向いている人
  • 人と関わるのが好きな人
  • コミュニケーション力が高い人
  • 体力がある人

まずは、人と関わることが好きな人です。営業は数多くのお客様に出会います。人と話したり出会うことを楽しいと思えるなら、営業職は向いています。

コミュニケーション力が高い人は、営業に必要なスキルを持っているので営業にもなじみやすいでしょう。

そして体力がある人も営業に向いています。営業は外回りが多く、ときには長距離を歩くケースもあります。

もちろん、ここで挙げた条件に当てはまらなくても、実際に営業をしてみて「あ、楽しい!」と感じる人もいます。

やってみよう!と感じたら、派遣会社の担当者に相談してみるといいですね。

営業に就くメリット・デメリット

メリット・デメリット

ここでは営業につくメリット・デメリットについて紹介します。


どんな仕事にもメリットとデメリットはつきものです。どちらも知ることで、その仕事を正しく知り、イメージをふくらませることができますよ。

ここでは、営業の仕事のメリットとやりがい、デメリットと大変なことを紹介します。

営業のメリット・やりがい

営業のメリット・やりがいは、大きく分けて次の3つです。

営業のメリット
  • 自分の成果がはっきりと現れる
  • 折れない心が身に付く
  • たくさんの人と出会うことで知識や情報が増える

それではこれらを細かくみていきましょう。

自分の成果がはっきりと現れる

営業の醍醐味は、契約が取れたときの達成感です。

何度もお客様のもとへ訪問し、ようやく契約してもらえたときの喜びは1度味わうと「次も頑張るぞ!」というやる気へとつながります。

ここまでこぎつけた苦労と、自分で契約を取れたという明らかな成果があるので、大きなやりがいを感じることができます。

折れない心が身に付く

営業をしていると、断られるという経験に何度も出会います。お客様から冷たい態度を取られることもあります。

これは一見辛いことですが、打たれ強くなることで折れない心が身に付きます。

誰だって最初は営業初心者です。最初はうまく行かずショックを受けることもありますが、成長に必要な要素と考えてみてください。

たくさんの人と出会うことで知識や情報が増える

営業をしていると、他の職種では出会えない人たちと会う機会が増えます。年代、性別、出身地など人によってバラバラです。

そうしたたくさんの出会いが刺激となり、今まで知らなかった知識や情報を得ることもありますよ。

心が成長することでさらに営業が楽しくなり、もっと知的好奇心を満たしたいと思ったら、あなたにとって営業という仕事は合っているかもしれませんね。

営業のデメリット・大変なこと

営業のデメリット・大変なことは、大きく分けて次の3つです。

営業のデメリット
  • 成果を求められるというプレッシャーがある
  • 気遣いが必要で精神的に疲れる
  • 発言には責任を伴う

ではこの3つを細かくみていきます。

成果を求められるというプレッシャーがある

商品を売り込んで契約を取るのが醍醐味の営業ですが、それは成果を求められるというプレッシャーとも言えます。

毎月のノルマや目標を設定されることも多く、このプレッシャーが心にズシッとのしかかって辛いという人もいます。

「ノルマ・目標=やりがい」ととらえることができれば、プレッシャーをあまり感じずに伸び伸びと仕事ができますよ。

気遣いが必要で精神的に疲れる

営業は細かな気遣いが必要です。お客様との会話では、表情や雰囲気から求めていることを察知したり、相手を立てたりと全神経をフル動員させます。

会社にいるときはテレアポを取ったり、メールや電話でお客様に対応したりと、常にお客様への気遣いが必要です。

ずっと気遣ってばかりで疲れてしまう営業ですが、お客様からのお礼やちょっとした一言で疲れが吹っ飛ぶという人もいますよ。

気遣いで疲れたら、退社後にジムで体を動かしたり趣味に没頭して、上手にストレスを発散するのもいいですね。

発言には責任を伴う

発言が問題視されるのは、テレビの中だけではありません。お客様にとってのNGワード善かれと思って口にした一言が、取引中止という結果になることもあるんです。

営業は会社の代表として外に出るので、発言には責任が付いてきます。自分の一言でお客様との関係が水の泡になってしまうのは絶対に避けたいですよね。

それには「営業は会社の顔」という気持ちでお客様と話すよう心がけるといいですよ。言葉1つひとつを大切にしながら会話すれば、失言するというリスクを減らせます。

営業職の年収、月給、時給相場

年収、月給、時給相場

ここでは営業職の気になるお金事情について解説します

営業の仕事でどのぐらい稼げるのか、気になるポイントですよね。そこで、関東での営業の年収、月給、時給相場を紹介します。

平均時給 1,759円
月収 309,584円
年収 3,715,008円

1日8時間、毎月22日間勤務として計算しています。

時給がかなり高いのは魅力的ですよね。営業はやりがいが大きい反面、大変な部分も多い仕事です。

だからこそ、しっかりと仕事内容に見合った時給をもらえると、やりがいにもつながりそうですね。

派遣で営業を経験した人の口コミ評判

派遣で営業を経験した人の口コミ評判

最後に派遣で営業の仕事を経験した人の口コミを紹介します。

大変なこと、楽しいこと、営業の仕事のコツなど、ぜひ参考にしてみてくださいね。

営業やってるおかげで度胸がついた!
評判★★★★★5.0
25歳・女性

新規の取り引き先開拓をメインに営業活動しています。これまで営業は未経験だった上に、新規営業はとても勇気がいりますが、おかげで度胸がつきました。

根気強く、ちょっとのことでは動じない強い心に成長できたことが嬉しいです。

それぞれのお客様に合わせて柔軟な対応をしなければならない
評判★★★★☆4.0
25歳・女性

色々な人と出会えるのが楽しいです!もちろん、その分色々な個性のお客様と会うので、その都度対応方法を柔軟に変える必要がありけっこう大変です。

自分をしっかり持っていないと、左右されてしまいます。退社後にジムに寄ってトレーニングしたり趣味の時間を作っています。しっかりと気分転換するのが大事ですね。

営業やって体力がついた!
評判★★★★★5.0
40歳・女性

営業は体力勝負。店舗出店のための現場リサーチをすることが多く、契約先と会社を1日に何度か往復することもあります。

おかげで自然と体力がつきました。歩くことが多いので、天気がイマイチなときはかなり大変。でも、よく動く分ランチの美味しさは格別です!

わたしが見つけた物件や土地で店舗開店し、繁盛しているのを目にしたときはすごく嬉しくてたまりません!また頑張るぞ!ってやる気になります。

会話スキルが重要!
評判★★★★★5.0
24歳・女性

営業の仕事をしてて思うのは、自分のコミュニケーションの裁量がかなり重要だなということです。自分の会話スキル次第で結果が大きく変わるということを実感しています。

毎日ニュースに目を通しておくと、ちょっとした話題から会話が弾みますよ。

目標があるので、仕事へのやる気が湧く
評判★★★★★5.0
44歳・女性

営業の仕事ははっきりとした目標があるので、仕事へのやる気が湧きます。反面、結果を出さないといけないというプレッシャーもあります。

でも達成できたときの嬉しさは営業だからこその快感ですよ。

派遣先の会社にいる間は伝票作成やメールチェックをしていますが、効率よくこなせば残業もほとんどナシ。土日と祝日は休みなので、しっかり休めるのもありがたいです。

営業するならある程度の話題を知っておいた方が良い
評判★★★★★5.0
26歳・女性

これから営業の仕事する人は、エンタメ、スポーツ、政治経済の話題をチェックしておくといいですよ。

あと、取引先の人の好きな話題とかもですね。話が弾むと営業はうまくいきます。チェックした話題は自分にとっての勉強にもなりますよ。

丁寧で真摯な対応力が重要
評判★★★★★5.0
29歳・女性

クライアントのところへ訪問することもよくあるし、新規営業のテレアポをすることもあるので、コミュニケーションスキルは必須です。

あと丁寧で真摯な対応力も大事です。営業の仕事しているうちに自然と身に付きますが、必要最低限のマナーは最初のうちに勉強しておくのがおすすめです。

わたしは未経験で派遣先企業で営業を始めました。正直最初は自信がなかったけれど、さまざまなお客様と毎日会うので打たれ強くなりました。

今では人と会うのが刺激になって楽しいです。

営業は気を遣うことが多いので疲れる
評判★★★★☆4.0
35歳・女性

会社でメールチェックや報告、確認など事務作業をしている以外は、ひたすら外で営業活動です。気を遣うことが多いので、帰宅したときにはかなり疲れてます。

営業のメリットは、土日がしっかり休みなこと。そのおかげで家族と過ごす時間もちゃんと確保できています。

時給の高くて残業が少ない
評判★★★★☆4.0
19歳・女性

時給の高さと残業の少なさが魅力的で、派遣で営業の仕事を始めました。

実は人とのコミュニケーションが苦手だったのですが、だんだんと会話もうまくなってきたと思います。

取り引き先の方はわたしよりもずっと年上の方が多いので、気圧されずにしっかりとアピールする力も付きました。

お客様が何を求めているのか?ということをいち早く察知し提案して、購入していただけたときは心の中でガッツポーズです。

だんだん会話がうまくなってきた!
評判★★★★★5.0
25歳・女性

元気のよい挨拶ができれば、緊張せずお客様との話が進められます。

実は人とのコミュニケーションが苦手だったのですが、だんだんと会話もうまくなってきたと思います。

営業の仕事をしていると、たくさんの人との出会いがあるのでワクワクします。以前は、わたしには営業なんてムリと思っていたけれど、やってみると楽しいですよ。

意外とわたしに合ってたんだ、営業の世界に飛び込んでよかったと思っています。