非財務ビッグデータ集団サステナブル・ラボ株式会社が実践する多様性のある働き方とは

SDGsへの取り組みや、女性活躍が目覚ましい企業を紹介するこの企画。今回はサステナブル・ラボ株式会社を取材しました。

非財務データプラットフォームを開発するサステナブル・ラボ

サステナブル・ラボ株式会社は、国内最大級の非財務データプラットフォーム「TERRAST(テラスト)」、ESGカルテ作成ツール「TERRAST for Enterprise」を開発・提供、サステナブル企業名鑑「テラスTV」を運営する企業です。

同社は、非財務指標と財務指標の因果分析、相関分析も行い、データサイエンス × サステナビリティ × 金融工学領域の出身者による、社会・環境貢献と経済をシームレスにつなぐことを目指しています。

会社名 サステナブル・ラボ株式会社
住所 東京都千代田区大手町1丁目6-1 大手町ビル4階 FINOLAB 内
事業内容 ESG/SDGsに特化した企業の非財務情報プラットフォームの提供および非財務を含めた企業価値評価に係る研究開発
設立 2019年1月
公式ページ https://suslab.net/
働き方 フルリモートワーク
フルフレックスタイム制度

2019年設立のサステナブル・ラボ株式会社は事業のみならず、働き方においてもSDGsを体現しています。そこで今回は、柔軟性のある勤務形態や女性活躍にスポットを当て、QAマネージャーの丸山智子さんと、広報・採用・ステークホルダー支援を担う高木夏希さんにお話を伺いました。

本日お話を伺った方
サステナブル・ラボ株式会社でQAマネージャーを務める丸山智子さん

サステナブル・ラボ株式会社
QAマネージャー

丸山 智子さん

サステナブル・ラボ株式会社で広報・採用・ステークホルダー支援を担当する高木夏希さん

サステナブル・ラボ株式会社
広報・採用・ステークホルダー支援

高木 夏希さん

データを通して、経済・社会・環境貢献を目指すサステナブル・ラボ

サステナブル・ラボ株式会社のオフィスで開催したワークショップの風景

編集部

はじめに、サステナブル・ラボさんの事業内容についてお聞かせいただけますでしょうか。

高木さん

当社は「データサイエンスの力で、サステナブルな世界を創る」をミッションに掲げ、「非財務データ(※1)」をキーワードに、非財務データプラットフォームの開発や、データ分析事業、ESG(※2)・サステナビリティ経営(ESG経営、とも言う)に関するコンサルティング等を展開している企業です。社会や環境に関するデータを通して、世の中のサステナビリティの底上げに貢献できるよう活動しています。
(※1)ESGデータとも呼ばれる。企業のCO2排出量や女性管理職比率、障害者雇用数、社外取締役の数、取締役会の出席率等、財務データ以外の指標を指す。
(※2)ESG:環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(ガバナンス Governance)の英単語の頭文字を取った言葉

編集部

どのような層が顧客になるのでしょうか?

高木さん

提供するサービスによって異なりますが、主に金融機関やコンサルティングファーム、証券会社、事業会社(特にIR部門やサステナビリティ部門)等、非財務データを活用したい、または非財務に関するソリューションを求めている企業様が顧客になります。

非財務データの収集・分析を高度化する「TERRAST」とサステナビリティ経営業務をDX化する「TERRAST for Enterprise」

サステナブル・ラボ株式会社の非財務データプラットフォーム「TERRAST」のイメージ
▲同社が開発・提供する「TERRAST」は、企業のESG/SDGsの貢献度を可視化して「良い企業を照らす」ためのツール

編集部

開発、提供されているプロダクト「TERRAST」や「TERRAST for Enterprise」のそれぞれの特徴についてお聞かせいただけますでしょうか。

高木さん

非財務データプラットフォームである「TERRAST」は、AIとビッグデータを活用した、ESG情報収集・可視化・分析を支えるプロダクトです。非財務データを元に企業への投融資判断を行いたい金融機関や自社のサステナビリティ経営を高度化されたい企業様にお使いいただいています。

企業のサステナビリティ経営が進んでおり、コーポレートサイトに取り組み状況を開示する企業が増えています。しかし、非財務情報の開示方法には世界的な統一ルールがなく、企業によってバラバラです。そのため、特に投融資判断やコンサルティングをされる企業の皆様は、データの収集、整理、分析に膨大な手間と時間をかけられてきました。この作業を効率化、高度化するのが「TERRAST」の役割です。

「TERRAST for Enterprise」はサステナビリティ経営に関する業務を効率化するDXツールです。企業がサステナビリティ経営を行うにあたっては、自社内で非財務データをまとめ、整理し、管理しておかなければなりません。時には、投資家やステークホルダー向けに分析レポートを提出しなければならないこともあるでしょう。こういった業務も、アナログかつ煩雑になりがちです。それを全てデジタル化、効率化するためのSaaSツールが「TERRAST for Enterprise」です。

言わば、非財務データを「見たい側」が「TERRAST」を使い、「見てもらいたい・見せたい」側が「TERRAST for Enterprise」を使います。両者を繋ぐことで、ESG投融資市場を活性化させることが、当社の役割とも言えます。

上記プロダクト以外にも、統合報告書における非財務・財務の相関分析等、企業様のサステナビリティ経営のお手伝いもしています。

企業の長期的成長には経済成長と社会・環境貢献の両輪が必要不可欠

編集部

企業の非財務データが投融資の判断に必要とされる背景には、どのような理由があるのでしょうか。

高木さん

これまでの企業価値は、どれくらい儲かっているかといった経済的な強さで判断されてきましたが、気候変動や貧富の格差、人権問題等、さまざまな社会・環境問題があるなか、選ばれ続ける企業であるためには、強さだけを追い求めるのではなく、社会・環境貢献といった優しさも実践する企業経営のあり方、ESG経営の観点が必要になるという考えが世界中で広がりを見せています。

ESGの視点で投資をすることをESG投資と言います。ESG投資が世界的に加速するなか、当社はデータ事業を通して間接的に社会のサステナビリティを底上げすることを目指しています。

サステナビリティ領域の社会貢献をビジネスとして成り立たせたい

編集部

非財務ビッグデータ集団であるサステナブル・ラボさんですが、設立に至った背景についてお聞かせいただけますでしょうか。

高木さん

代表の平瀬は大学で物理を学び、在学中から起業家として環境、農業、福祉などサステナビリティ領域のベンチャービジネスに、環境エンジニアとして携わってきた経歴があります。

起業するなかで社会環境貢献ビジネスが取り組みとして評価されても、儲かりにくいとみなされることや、この分野に携わる仲間たちの苦労を目の当たりにしてきました。そういう経験のなかで、経済的な「強さ」だけではなく社会・環境貢献といった「優しさ」を客観的に示すことができれば良いのではないか、と思ったことがサステナブル・ラボを立ち上げたきっかけです。

多国籍のメンバーが在籍するサステナブル・ラボの多様性のある環境

サステナブル・ラボ株式会社の花見での集合写真
▲お花見のようす。国籍や性別、年齢にとらわれない「ワンチーム」を作り上げているのがサステナブル・ラボの特徴

編集部

サステナブル・ラボさんでは現在、何名のメンバーが在籍されているのでしょうか。男女比についてもお聞かせください。

高木さん

30名弱のメンバーが在籍しており、そのうち約20%が女性となっています。

編集部

丸山さんはサステナブル・ラボさんにジョインして1年と伺っております。御社にジョインしたきっかけや理由についてお聞かせいただけますでしょうか。

丸山さん

前職で国・自治体向けコンサルティングをやっていた私は、企業がサステナビリティに取り組む際、国・自治体起点で世の中に広めていくことをイメージして仕事に取り組んでいました。社会起業家やサステナビリティ経営を耳にし、国・自治体だけではなく、企業やNPO起点でサステナビリティに取り組む動きもあり、データの力でその動きを支援したいと考えたことが当社にジョインしたきっかけです。

また、企業によって深さや内容に幅のあるサステナビリティ経営の取り組み状況や考え方を、データで可視化する当社のプロダクトに共感できたことも大きな理由の1つです。各企業のサステナブルな取り組みを定性・定量的に見える化し、共感できる企業に資金や人が集まるような仕組みを作りたいと思い、入社を志望しました。

編集部

サステナブル・ラボさんには、さまざまな国籍のメンバーが在籍していると伺っております。ジョインから1年がたった今、多様性のある環境をどのように感じていますか?率直なご意見をお聞かせください。

丸山さん

当社には、国籍だけではなく、性別、年代も20代から50代と幅広いメンバーが在籍しています。メンバーと会話する中で、自分の中にある思い込みに気づかされることも多くあります。「これが常識」だとか「このやり方が普通」という前提で話をするのではなく、自分が当然と思っていることでも、なぜこうするべきと思うのかを伝えて、別の角度からの意見をなるべく引き出せるように気を付けています。

そうすることで、多様性のある環境を活かせると思いますし、実際そう思った場面がこれまでに何度もありました。

フルリモート&フルフレックスが実現するフレキシブルな働き方

サステナブル・ラボ株式会社のオフィスで開催したワークショップの風景

編集部

サステナブル・ラボさんの勤務形態はどのようになっているのでしょうか。

高木さん

フルリモートかつフルフレックスなので、働き方はかなり自由に選ぶことができますね。本社は東京ですが、社員の中には関西や東北など地方在住の者の他、韓国、インドなど海外在住の者もフルリモートで勤務しています。私も普段は東京在住ですが、年に数回は地元の関西からフルリモートで数週間以上勤務することもあります。

海外在住のメンバーにおいては、時差をうまく活用しつつ仕事を振ったり、会議をやったりすることで工夫をしています。

出社勤務も可能となっており、丸山と私は週2、3回の頻度で出社を選択しています。丸山は育児中ということもあり、お子さんの体調や家庭の事情で出社が難しい時は、フルリモートに切り替えています。このように、状況に応じてフレキシブルな働き方ができるのが、当社の特徴です。

編集部

働く場所や国、時間を自由に選択できるというわけですね。働き方にもサステナブル・ラボさんが実践する多様性が表れていると感じます。

リモートワークが当たり前。子育て世代や地方在住者もストレスフリーで働くことができる

編集部

丸山さんは子育て中とのことですが、前職と比較し、子育てと仕事の両立など働きやすさの面で変化はありましたか?

丸山さん

当社はリモートワークや出社勤務の回数をルールとして定めていないので、働き方をフレキシブルに自分で決めることができます。

もちろん、業務に支障が出ないことは大前提ですが、自分で1日の時間の使い方や仕事の場所を決められることは働きやすさにつながっていると感じます。

コロナ禍が収束傾向にある昨今、リモートワークから出社勤務に切り替える企業も多いと思われますが、当社は海外や地方からもジョインしているメンバーが多いこともあり、リモートが当たり前なんです。お客様との打ち合わせも、地方在住のメンバーはリモートで参加することがほとんどです。

高木さん

全社員が共有しているスケジュールを見ると、4月から5月は入学式や参観日の予定があるメンバーが多く、会社として家族のイベントも当たり前に参加しながら、働いてほしいと思っています。子供の行事以外に通院などがある場合も、皆さんフルフレックスを活用して、うまくスケジュール管理されていますね。

「働きたい時間が一番効率が良い」。みんなで作り上げた働き方

編集部

サステナブル・ラボさんに、フルリモートやフルフレックスによる柔軟性のある働き方が根付いたのは、どのような理由からなのでしょう。

高木さん

会社としては「みんなが働きたい時間が一番効率が良いから、あまり縛らないようにしたい」「その上でしっかり成果も出せるような仕組みにする」を意識してきました。広報兼人事を担当する立場として、会社のルールは人事率先ではなく、みんなで作ってきたと思っています。

また、採用においてもリモートワークを希望する方の応募が多いため、自然と自由な働きにならざるを得なかったというのも正直なところです。出社を強いてしまうと、自動的に東京近郊の方を採用しなければならなくなりますよね。リモートにすることで、候補者の母集団が世界中へと広がります。

編集部

サステナブル・ラボさんの女性の雇用環境や、ESG経営をはじめとしたサステナブルな事業に共感した方が集まることで、柔軟性のある働き方が徐々に根付いていったとも言えますね。

ランチ制度や10分のエクササイズタイムでコミュニケーション不足を解消

サステナブル・ラボ株式会社の取り組み「照らしんぐ」のメンバーの書き込み
▲「照らしんぐ」というメンバーを「照らす」チームビルティングの取り組みでは、お互いの長所や感謝の想いを伝え合っている

編集部

リモートワークやフルフレックスによる働き方の場合、社員間のコミュニケーションが課題になると思われます。サステナブル・ラボさんで工夫されていることがあればぜひ、お聞かせください。

丸山さん

リモートで離れているからこそ、直接会える価値を感じています。例えば、地方在住のメンバーが、東京メンバーと交流したいときは、お客様とのミーティングで上京した際にみんなで食事をすることがあります。また、会社が月2回まで一定の金額を負担するランチ制度もあり、リアル or オンラインで対面することでコミュニケーションを図っています。

高木さん

他にも、週に1回、任意参加の10分エクササイズの時間を設けています。睡魔が襲う時間帯にヨガやビリーズブートキャンプ等をしていますよ。また、毎週15分の全社員シャッフル1on1を回す等、Must Haveではない「Nice To Have」な小さなキッカケを日々の中に入れることで、リモート下でもコミュニケーションできるように工夫しています。

とはいえ、やはりリモートではコミュニケーションに限界があり、1人で黙々と仕事をすることが多いのが実情です。意図的に会話をする機会を作り、解消する工夫は常に進化させていきたいと考えています。

自由と責任をバランスよく。サステナブルな社会の実現に貢献できる方を歓迎

サステナブル・ラボ株式会社のBBQでの集合写真
▲社内のBBQイベントのようす。責任を持って仕事に注力しながら生活を楽しむメンバーが揃う

編集部

最後に、サステナブル・ラボさんの事業や働き方に興味を持った読者の方にメッセージをお願いします。

高木さん

当社は子育てと仕事の両立や、勤務地を限定しないなど、あらゆることに縛られない働き方ができる環境が整っています。とはいえ、フルリモートワークは自ら手を挙げ、アピールが求められるシーンも多いので、積極的に発言できる方のほうがフィットすると思われます。

また、外国籍メンバーが多いため、日本人特有の遠回しな言い方では理解を得られないことがあります。好奇心旺盛で積極性があり、素直に発言できる方や外国の文化に慣れている方も歓迎します。

スタートアップとして、挑戦している当社は前のめりな姿勢が求められます。子育て中だからこの仕事しか振ってもらえないという企業ではなく、育児と仕事を両立させながら両方諦めたくないと思っている方にはとてもグッドな会社です。自由と責任は表裏一体です。ぜひ、サステナビリティに興味ある方からのご応募をお待ちしています。

丸山さん

私自身、最初に想定していた仕事に加え、異なる仕事を担当しています。サステナビリティの領域は世界的な流れもあり、特に動きの早い業界だと思いますし、スタートアップの特性上、会社の動きも早いです。そのため、必要とされる仕事も変わってくるので仕事の幅が広がることを楽しめる方は当社にマッチするように感じます。

当社は個人の裁量が大きく、自由度は高いのですが、やはり期日までに一定の成果をあげることが前提としてあります。会社が求める期待値をどれだけクリアできたかを指標とする評価制度や、チームでToDoリストの管理などをすることで、ゴールまでの過程や達成状況を定期的に確認しています。

編集部

事業同様に、働く環境もサステナブルを実現されているサステナブル・ラボさんは、責任のうえに自由があることを体現されていると感じました。

高木さん、丸山さん、本日は貴重なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました。

■取材協力
サステナブル・ラボ株式会社:https://suslab.net/
採用ページ:https://suslab-recruit.net/