AI技術と顧客のビジネスをつなぐ「Laboro.AI」のエンジニアの環境とは

注目企業の躍進の理由や新しい働き方などについて、企業インタビューをしていくこの企画。今回は、先端のAI・機械学習技術を活用したオーダーメイドによるソリューション開発とコンサルティングを提供する「株式会社Laboro.AI 」にインタビューしました。

AI・機械学習を活用したソリューションをオーダメイドで提供する「株式会社Laboro.AI」

株式会社Laboro.AI(ラボロ エーアイ)は、「すべての産業の新たな姿をつくる」「テクノロジーとビジネスを、つなぐ」をミッションに掲げ、機械学習を活用したオーダーメイドのAI開発とコンサルティングサービスを提供する、AIスタートアップ企業です。

アカデミア(学術分野)で研究される最先端のAI・機械学習技術を企業へ届けるため、オーダーメイドのAIソリューション『カスタムAI』の開発および活用支援サービスの提供を行っています。

クライアントの事業や課題にフィットするAIソリューションを開発するため、Laboro.AIではAIコンサルタントとエンジニアが相互に乗り入れる形でプロジェクトを推進。それにより、質の高いソリューションの提供を実現し、顧客から高い信頼を得ています。

会社名 株式会社Laboro.AI (ラボロ エーアイ)
住所 東京都中央区銀座八丁目11-1
事業内容
  • 機械学習を活用したオーダーメイド型AI「カスタムAI」の開発事業
  • カスタムAI導入のためのコンサルティング事業
設立 2016年4月
公式ページ https://laboro.ai/

今回は、株式会社Laboro.AIの川崎さん、原さん、光岡さんの3名に、Laboro.AIで働くエンジニアのオリジナリティをはじめ、社員のスキルアップをサポートする体制や若手でもチャレンジできる風土などについて尋ねました。

本日お話を伺った方

株式会社Laboro.AI
エンジニアリング部
リード機械学習エンジニア

川崎 奏宜さん

株式会社Laboro.AI
エンジニアリング部
リード機械学習エンジニア

原 啓太さん

株式会社Laboro.AI
エンジニアリング部
リードシステム開発エンジニア

光岡 駿さん

Laboro.AIで働くエンジニアのオリジナリティとは

株式会社Laboro.AIのメンバーの打ち合わせ風景

編集部

御社のシステム開発エンジニアと機械学習エンジニア、それぞれのオリジナリティについてお話しいただけますか?

川崎さん

Laboro.AIにおける機械学習エンジニアのオリジナリティは、役割の広さだと個人的に思っています。

私は前職で大手企業に勤めていたのですが、そこでは業務がすごく細分化されていて、限定的な作業しかできませんでした。営業が仕事を取ってきて、規定の要件に基づいて作業するのが主な仕事でした。

弊社にはAIコンサルタントとビジネスコンサルの両方の役割を担うソリューションデザイナという職種があり、その方々と一緒にプロジェクトを進めます。プロジェクトは、エンジニアの立場であっても、顧客に対する提案に関わっていくことができます。

Laboro.AIでは、エンジニアとして手を動かして実装していくだけの役割ではありません。エンジニアであっても、顧客理解やビジネス知識などが求められます。

そういった役割の広さは個人的にとても好きな部分ですし、弊社のオリジナリティだと思っています。

原さん

Laboro.AIでは、「カスタムAI」を開発・提供しています。カスタムAIとは弊社独自のAIソリューションの考え方で、ソリューションデザイナと共にクライアントごとのビジネスや課題に沿うオリジナルのAIを、模索しオーダーメイドで開発します。

そのため、いわゆる「パッケージ型AI」のように、もとから世にあるAI製品をそのまま使うのではなくて、スクラッチに近い形で実装することが多いです。

私は前職では、元からあるAI製品やシステムをそのまま流用したり、少し書き換えたりといった仕事をしていました。AIビジネスといっても、こうしたビジネス形態をとっている企業も多いと感じています。

しかし、Laboro.AIの場合はクライアントの課題に応じて、オーダーメイドでAIを開発しています。そのため、裁量が非常に広く、エンジニアが個々のオリジナリティを発揮することができると考えています。

編集部

システム開発エンジニアについてもお聞かせいただけますか?

光岡さん

弊社はAIがメインの会社なので、システム開発エンジニアとして一般のシステム開発会社と最も違うと感じるところは、自分たちが作るシステムの中にAIという存在がある点ですね。

AIを組み込んだ場合のシステム開発のあり方は、世界的にも定まっていない部分がまだまだあり、様々な企業が試行錯誤している段階です。その中で我々もシステム開発にAIを組み込むにはどうしたらいいかを模索しています。

世界でも注目を集める最先端技術のAI、その中でもさらに最先端に立って新たな技術や活用法を試行錯誤していけるのは、Laboro.AIのシステム開発エンジニアとしてのオリジナリティだと思います。

また、弊社はソリューションデザイナや、博士号を持っていらっしゃるような機械学習エンジニアというアカデミックな方々と一緒に働ける環境です。

そういった方々と一緒に仕事をしていく中で、営業の動き方やAI開発の学術的な側面を知ったり、経験できたりするのも、一つの独自性だと感じています。

エンジニアとAIコンサルタントが相互に乗り入れてプロジェクトを推進する

編集部

ソリューションデザイナの方々との相互理解や連携はどのようにされていますか?

川崎さん

印象としては、お互いの役割がどこかでプツッと切れているわけではなく、少しずつカバーし合っているイメージですね。

ソリューションデザイナはいわゆるAIコンサルとして、主にビジネス部分を理解してクライアントと課題を詰めながらプロジェクトの推進をします。ソリューションデザイナも技術に明るく、カバー範囲が広いと思っています。

AI開発に必要な統計学等の基礎の部分はもちろん理解されていますし、中には自分でコードまで書ける方もいらっしゃいます。そのため、エンジニアと同じレベルで会話ができ、議論が前に進みやすいです。

エンジニアも、アカデミックな部分はもちろん理解しつつ、プラスでビジネスサイドを理解しようとする姿勢があります。例えば手法ありきで解決策を考えるのではなく、課題ベースで解決策を検討します。時には、AIベンダーでありながら機械学習を扱わない方法を選択するなど、クライアントの課題に寄り添った提案をするエンジニアが非常に多いんですね。

エンジニアとソリューションデザイナの相互理解が強いほか、お互いにカバー範囲が広いのでフォローし合って、本当にクライアントビジネスにとって価値のあるものを提供できていると感じています。

原さん

一般的には、コンサルが上の立場で、エンジニアは言われた作業をこなすといった関係性の会社も多いのではと思います。

しかし、私たちの場合は、全くそういったことはありません。エンジニアもソリューションデザイナも横一線になって、技術やクライアントの課題などの会話をしています。そういうところもLaboro.AIの良さであり、魅力だと思います。

エンジニアでも、顧客との向き合い方が評価基準に含まれる

編集部

エンジニアの方の評価基準や求められる資質などを教えていただけますか?

光岡さん

弊社は、まだ規模がそんなに大きくない会社です。機械学習エンジニアの方は30人ほどで、システム開発エンジニアに関しては片手ほどです。

組織を大きくしていくフェーズにあり、エンジニアだとしても事業や組織を拡大していく目線を求められます。

もちろんベースにはエンジニアとしての技術が必ずあって、その上で経営者のような視点が必要とされるのは弊社の特徴だと思います。

原さん

先ほど申し上げたようにソリューションデザイナと一緒に動くことが多いため、エンジニアも実際にクライアントとお話しさせていただく機会があります。

なので、エンジニアリングスキルがあることは前提で、しっかりクライアントと同じような目線で問題解決の話ができたり、クライアントの課題に真摯に向き合えたりできるかが、評価として重要視されています。

編集部

御社で働くエンジニアの方々の最大の特徴は、ソリューションデザイナとともに顧客課題の解決に取り組むことだと思うのですが、評価基準にも取り込まれているのですね。

スキルアップ、知見の共有を行う勉強会などが定期開催

株式会社Laboro.AIのメンバーが笑顔で話しているようす

編集部

Laboro.AIさんは平均年齢が36歳と、若手の方も多く在籍されています。エンジニアの方々の研修や育成はどのようにされているのでしょうか?

原さん

弊社はまだ新卒採用をしておらず、現在は中途採用のみです。そのため、社内研修はもちろんありますが、育成に特に力を入れられている訳ではないのが正直なところでもあり、課題でもあります。

ただ、こうした課題を解決するために内部ではすでに動きがあります。有志で勉強会を行ったり、ライトニングトークのような形でエンジニアの知見を共有する場を設けたりしています。

こういった学ぶ機会への参加については、会社としても推奨しております。なので、プロジェクトを進めながら、自分が学びたい分野の技術を積極的にキャッチアップすることができます。

社員が学んだり、知見を共有したりすることに関して、サポートしてくれる姿勢ですので、自主的にどんどん成長できる環境が整っていると思います。

編集部

勉強会の開催頻度や内容について教えてください。

原さん

勉強会については様々な種類がありまして、複数の勉強会が同時並行で動いている形です。基本的にどの勉強会も1週間に1回は開催されています。

発表担当者が用意してきたものを発表して、それに対して参加者がコメントしたりフィードバックしたりというような開催方法になっています。

編集部

勉強会に参加された方からはどんな声が聞かれますか?

原さん

プロジェクトは基本的に少人数ですし、リモート作業がメインなこともあって、エンジニアが大勢集まったり、会話したりできる機会はそんなに多くありません。

10人ぐらいが集まる勉強会もあるので、学びの場だけでなく、エンジニア同士の交流の場にもなっていると耳にします。

あと、エンジニアはアウトプットする機会があまりないのですが、ライトニングトークや勉強会がアウトプットする場もになっていて、成長に繋げることができているという声も聞かれます。

補助制度やメンター制度など、社員の学びや成長を促しサポート

編集部

専門分野またはビジネス分野のスキルアップをサポートする制度などは他にございますか?

川崎さん

書籍購入費用や、学会への参加費の補助があったり、資格取得支援があったりと、社員の学びを促進する制度は比較的充実していると思います。

また、サポート制度としては「メンター/スーパーバイズ制度」があります。エンジニアは自主的に勉強してスキルアップを図っていますが、一番はプロジェクトを通してスキルを身につけることになります。

なので、プロジェクトの中で未経験の分野に挑戦したいと思う方も少なくありません。そうした社員の姿勢に応える会社ですし、いきなり一人で任せるようなことはしません。

メンバーごとにその分野に詳しいスーパーバイザーがついて、プロジェクトを進める中で都度フィードバックをもらいながら知識と経験を培うことができます。

様々なプロジェクトの知見を得られるほか、スーパーバイザーのスキル等を間近で見られますし、スキルアップしやすいような環境が整っていると感じています。

編集部

社員さんの自主的な学びや挑戦を、会社としてサポートできるような体制が整えられているのですね。

若手でも挑戦でき、対等に評価される風土が醸成されている

株式会社Laboro.AIのメンバーの打ち合わせ風景

編集部

Laboro.AIさんの雰囲気などもお伺いできればと思います。まず、御社のカルチャーについて教えてください。

川崎さん

若手でも評価される文化があります。私と原は機械学習エンジニアとして入社し、1年程度の短いスパンで昇進することができましたし、光岡にいたっては入社半年という速さで昇進しています。

非常に早い段階でプロモーションいただいて、年齢関わらず評価してもらえる環境があることを実感しています。

あとは、新しいアイディアを出しても否定する人がいないので、意見が言いやすい風土です。なので、若手も積極的に意見を言ったり、新しいことにもチャレンジしたりでき、それによって評価してもらえるという好循環が生まれているのだと思っています。

原さん

弊社はまだできたばかりの会社ですので、体系化されていないんですね。そのため評価制度や組織体制も頻繁に変わっていくので、変化に対してはとても柔軟な会社です。

さきほど川崎からお話しした昇進に関しても、「若すぎるから、昇進はもう1年待とう」ということは全くありません。社員が育ったらどんどん抜擢していきますし、若手から裁量の大きい仕事を預けてもらえます。

学歴や職歴も全く関係なく、フラットに扱ってもらえる風通しがいい会社だと思います。

エンジニアの技術や学ぶこと自体が好きな人が集まっている

編集部

エンジニアの方々はどんな方が多いのか、どんなカルチャーがあるのかについて教えてください。

光岡さん

シンプルに先端のAIや機械学習技術などが好きな人が多いです。「仕事だから働いています」という方より、「好きだから仕事として働いている」という方ばかりで、エンジニアの仕事や技術が好きじゃない方はいないと思います。

川崎さん

技術オタク気質な人が多く、学ぶことに対して「ごくごくと水を飲む」ように貪欲に吸収していく感覚の方ばかりだと感じています。

勉強会なども会社から強制されて重い腰を上げるという感じではなく、みなさん自主的に集まってきます。

誰かが「こういうテーマで勉強会をやりたい」と言えば、「自分も自分も」と積極的に参加したり、自ら情報を共有したりするカルチャーがあると思います。

社内の部活動を活用し、積極的に学ぶ社員が多数

編集部

社員さん同士の交流を促すものとして、全社イベントのほかに社内部活動制度があるそうですね。こちらはどんな活動をされているのでしょうか?

光岡さん

社内部活動については現在、電子工作部とデータ分析コンペティション部の二つがあります。

データ分析コンテンツは、データサイエンスコンペティションプラットフォームの「Kaggle(カグル)」を使って、コンペ形式で機械学習の知識や技術の向上を目指しています。電子工作部はその名の通り電子工作を行う部で、私が部長を務めています。

弊社の部活動の特徴としては、フットサル部やバスケットボール部といったアクティブなものではなく、技術系の活動が多い点です。技術系が好きな人が集まっているという社風が部活動にも現れているなと感じます。

また、部活動に参加したいと思ったらすぐにできる環境でもあります。今の社員数は60弱ぐらいなのですが、そのうち電子工作部の部員が11人と、6分の1の数が入部しています。

部活動に興味があれば参加しやすく、さらに立ち上げもしやすいです。弊社の研修期間は3ヶ月ほどあるのですが、その研修期間中に電子工作部を立ち上げて部長になりました。それぐらい社歴も関係なく「やりたい」と伝えれば実現できる環境です。

編集部

勉強会だけではなく、社内部活動でも技術系のことをやられているとのことで、本当に技術や新しいことを知ることが好きな方が集まっている会社なのだと思いました。

最先端の技術や広範囲のことに挑戦したい方に来てほしい

株式会社Laboro.AIのメンバーが笑顔で話しているようす

編集部

それでは最後に、求める人物像やLaboro.AIさんにフィットする人物像を含めて、読者に向けてメッセージをお願いいたします。

原さん

Laboro.AIのメンバーはみんな人が良くて、とても雰囲気のいい職場です。さらに頑張ったぶん裁量がもらえたり評価してもらえたり、フランクに意見を出し合うことができる風通しが良い会社だと実感しています。

職場の上下関係に悩んでいたり、最新のことをやりたいと思っていたりする方は、Laboro.AIに来ていただければ今思っている悩みや不満をクリアにすることができるのではないでしょうか。

弊社のホームページなどを見て、少しでも興味を持っていただければぜひとも検討して欲しいです。

光岡さん

AIを組み込んだシステム開発は、これからもっと発展していく分野だと思います。今どうしたらいいのかも定まっていないような状態なので、自分たちで新しい仕組みを考えることが好きな方にとっては働きがいのあるポジションです。

システム開発エンジニアだけではなく、どのポジションも新しいことにチャレンジしやすい環境です。AIや開発が好きで、新しいことにどんどんチャレンジしていきたい方にぴったりの会社ですし、そういった方にはぜひご応募いただければ嬉しいです。

川崎さん

弊社で機械学習エンジニアとして働く魅力は、やはり役割の広さだと思います。Laboro.AIのエンジニアはただ手を動かすだけではなくて、ビジネスサイドに近いところで顧客の課題を考えながら、実装することが可能です。そのため、本当に価値のあるものを提供できていると感じます。

特に、現在の状況に満足していない方、年功序列の環境で評価してもらえずにくすぶっている方などは弊社だとハッピーに働けるのかなと思います。

やる気があればなんとかなるので、とにかく迷っている方はぜひお話しさせてください。

編集部

Laboro.AIさんでは、学ぶことや挑戦することを後押しする環境があり、若手の方もフラットに評価してもらえる風土が醸成されています。

さらにエンジニアの方も顧客課題と向き合うことがあり、そういった御社の環境が、社員さんや事業を成長させる要因になっているのだろうと感じました。

本日はありがとうございました。

■取材協力
株式会社Laboro.AI:https://laboro.ai/
採用ページ:https://laboro.ai/company/recruit/