30代女性の転職活動、企業側はどんな目線で何をチェックしている?

編集部です!この記事では、30代女性の転職活動にフォーカスしています。

結婚や出産などライフスタイルや環境の変化が訪れやすい30代女性。今後のキャリアを改めて考える時期でもあり、30代で転職考えたり、または転職せざるを得ない状況になる女性も多くいます。

今回は、30代女性の転職活動で企業側はどのような目線でどんなことを気にしているのか。また、女性が長く働ける企業の見極め方などについてを発信したいと思い、手前味噌ではありますが、弊社での採用を担当している、代表取締役の田中に話を聞きました。

採用する側、面接をする側からのリアルな言葉は、これから転職を検討している30代女性にとって、きっと大きなヒントになるでしょう。

30代女性の採用について詳しく教えてください

30代女性の採用について詳しく教えてください

ーーインタビュアー(編集部)

今回は30代女性の採用についてお話を聞かせてください。

弊社は私含め20代後半〜40代の女性が多く活躍していますよね。私も30代ですし、このメディアのライターや編集チームでも30代〜40代の女性が多く活躍してくれています。最近入社した新メンバーも30代手前の女性ですよね。

チームを作るにあたり、社長自らが採用を進め、チームの土台を作り上げていった部分が大きいと思います。たまたま優秀な人材がこの年代の女性だったということもありますが、逆にいうと男女・年齢関係なく人材を集めているとも捉えることができると思います。

こうした背景の中で、30代の女性が社長の目にはどのように写っているのか、聞いていきたいと思います。

田中社長:わかりました。できるだけ本音で答えていこうと思います。

30代女性にとって大きな要素・未婚既婚・子どもの有無は選考に影響があるのか?

30代女性にとって大きな要素・未婚既婚・子どもの有無は選考に影響があるのか?

ーーインタビュアー(編集部)

さっそくですが、30代女性というのは、未婚既婚、子どもの有無など、さまざまなライフスタイルがあると思うのですが、こうしたことが採用に影響を及ぼしている部分はあるのでしょうか?

ーー田中社長

会社の視点で言えば、これから自社で働くかもしれない人がどんな状況にあるかは、男性女性問わずに気になるのは当然です。

生活と仕事は切り離すことができない関係性があります。ですから、結婚しているのか、お子さんがいるのかといったことは、採用の段階で気になるのは事実です。

これはお互いに良い環境で協力して働けるかを判断するためですね。

ーーインタビュアー(編集部)

なるほど。実際に面接では、妊娠や出産の予定など聞かれたという女性は多いのですが、採用側の意図としてはどのようなものでしょうか。

ーー田中社長

普通はあり得ない話ですが、入社するとき実は妊娠していて、すぐに産休に入ったり育休を取ったりするケースがゼロではないんです。採用側からすると、仕事を教えたり覚えてもらったりする時間がないのは困ります。経営者が困るというだけでなく、職場全体・社員みんなに影響がありますからね。

ーーインタビュアー(編集部)

確かに、新しい方がきて数ヶ月で退職となってしまうと、採用コストだけでなく、それまでその人にかけたスタッフ分のコストも無駄になってしまいますものね。

ーー田中社長

ちなみにうちでは、こうしたケースでトラブルにならないよう、正社員2年以上、出社率8割以上で産休が取れる制度にしています。これは女性に限ったことではありませんが、いずれにしても、自分が置かれている状況についてはある程度は率直に話すほうがいいと思いますね。

ーーインタビュアー(編集部)

また、すでにお子さんがいらっしゃる方のケースでは、小さな子どもがいると正社員として雇いにくいと思われるのでは、と心配しする声も多くありました。

ーー田中社長

「お子さんがいるから雇いにくい」という理由ではないと思いますよ。

会社側が知りたいのは、お子さんがいて入社後にどのような働き方ができるか、です。それによって会社も時短勤務だとか、フレックスだとか調整できることをして採用するでしょう。

小さいお子さんでも、乳児・幼児・小学校低学年でもそれぞれの生活スタイルは違いますよね。保育園に入るのか身内が見られるのかでも状況は違います。

ーーインタビュアー(編集部)

入社した後の働き方や活躍のイメージを明確にするためにも、その人がどのような状況・生活をしているかを知る必要があるということですね。では、そういった質問に対して良い印象を与えられる回答はどのようなものでしょうか。

ーー田中社長

率直に今の状態をお話いただくのが一番だと思います。

お子さんがいるとか、結婚の予定があるとか、プライベートなことですが働き方にも直結します。

お互いに状況を把握していたほうが就業してからもうまくいくと思います。

確かにデリケートなことなので、面接ではなかなか聞きづらいですよ。

ただ、先ほども言ったように極端なケースがないわけでもないので、会社がさらっと確認することはあると思います。それに対して、こういう状況ですと率直に伝えるのが一番いいですね。

会社によって、時短勤務やフレックス制度など利用できる制度に違いはあるでしょうが、お子さんの年齢や状況を話していただければ、それにフィットしたワークスタイルを会社も提案できます。

だから、変に「こんなことを話したら採用されないのでは」と思わず、現在の状況を伝えて普通に希望を話すほうがいいと思います。

採用されるために、あいまいに答えたり、できないことをできると言うと、結局、後で会社もご自身も大変ですしね。

基本的に、未婚か既婚か、子どもがいるかどうかで、その人を敬遠するということはありません。

企業と転職する人の希望がマッチすることが大切です。それには、正直に話してもらうのが一番いい。

今のライフスタイルでどのような働き方ができて、今後はどんなワークスタイルを希望しているのかが、会社側が提案できる働き方と一致するかどうかがポイントです。

あとは、採用前に、復職の希望があるかどうか確認することはあると思います。

そんな風に、いろいろとお互いに情報は必要なので、女性のライフスタイルについて面接で聞いてくることはあるわけですが、あまり神経質に考えなくてもいいのではないでしょうか。

採用したい30代女性の人物像とは

採用したい30代女性の人物像とは

ーーインタビュアー(編集部)

ずばり、企業が採用したいと思う30代女性とはどんな人材でしょうか?

ーー田中社長

どういう女性がいいかではなく、応募してくれた人がそのポジションにフィットするかどうか、なんですよ。

そもそも採用時には、どういう人に会社に入ってほしいか、というのがあるわけですよね。

わかりやすく言えば、フロントエンジニアが足りないとか、マーケティングに長けた人材が欲しいとか、企業にとって足りないポジションごとに、スキルを持つ人材を探しているわけです。

30代女性であって、仮にですけどお子さんがいて時短勤務が希望だとしても、条件に適している人材なら採用するでしょう?

人を採用するというのは、会社にとってコストがかかることです。ひとり採用することによって、さまざまな費用が発生します。

採用して発生する人件費と、採用することによって生まれる会社の利益が少なくともバランスがとれる状態でないと経営に影響がでます。場合によっては会社の経営がうまくいかなくなります。

もう少し具体的にいうと、会社の業績に直接的にせよ間接的にせよ、良い影響を与える人材を採用することで、会社経営がうまくいくわけです。

逆に、貢献度ゼロの人が増えて、業績や売上があがらなければ、人件費ばかりが増えて、赤字がふくらむ。

きれいごとを抜きにして話すと、赤字転落したら、給与ダウンするとか、人員整理をする、リストラするしかなくなってしまいます。

結果的に「人の採用を間違えたことで、人を会社から切り離す手段を考えることになる」という最悪のパターンになります。

それだけ人を採用するのは会社にとって大きなことなんです。最初の話に戻るようですけど、女性だからとか30代だから、結婚して子どもがいるから採用するとかしないとかではありません。

会社が面接などで見極めようとしているのは、企業が必要としている人材であるかどうか、です。

年齢よりも「スキルアップへの意欲がある・努力をする人」を選びたい

ーーインタビュアー(編集部)

では、もうちょっと具体的な話として、同じようなスキルを持つ20代と30代の女性が応募してきたら、自分の年齢がネックになるのではという不安も多いのですが、この辺はいかがでしょうか。

ーー田中社長

うーん、スキルといっても色々ですから。

Excel使えるとか、エンジニアならPythonできますとか、そのスキルが未来永劫、貴重なスキルとされるなら、年齢が若い人のほうが長く働けるだろうと判断するかもしれません。

でも、ここが重要なんですけど、ずっと続く「今のスキル」はないんですよ。

世の中の変化とか、会社の事業の変化の中で、必要とされるスキルは変わります。違うポジションにいけば、違うスキルが必要になるでしょうし、もっと高いレベルでのスキルを要求される場合もあるでしょう。

年齢に関係なく、自分のスキルを常に上げていこうと努力する人が企業が求める人材だと思います。

ーーインタビュアー(編集部)

確かに、5年前の知識やスキルが今も通用するかと考えると、通用しないことも多いですね。日々、スキルアップできる人であれば、年齢や性別は関係ないということですかね。

ーー田中社長

転職で年齢を気にする人は多いですね。

確かに20代より30代、30代より40代と年齢をかさねれば、若い頃に比べたら誰でも多少なりとも体力とかダウンする部分はあります。

でも、それ以上に大切なのは、年齢を重ねながらも、そこに安住せずに努力していく姿勢です。

先ほど、スキルそのものより、これからもスキルアップしようと常に積極的に学ぶ姿勢を持つことが大事だと申し上げましたけど、年齢に関係なく努力し続けられる人は企業にとって大きな魅力です。

繰り返すようですが、既婚未婚、子どもの有無、それから年齢は、採用の時点で企業側としては知っておきたい「基本情報」であって、そうした背景の部分が採用でマイナスに働くことはありません。

少なくともうちの会社ではありませんよ。

ーーインタビュアー(編集部)

努力や向上心を持つ人を企業は求めている、年齢のことなど不安に思うことなく、自信をもって、自分のキャリアや今後の意欲をアピールしていくことが大事なんですね。

採用をためらうタイプとは

ーーインタビュアー(編集部)

では面接でこんな人は困る、特にこういう30代女性だと採用をためらうというポイントはありますか?

ーー田中社長

面接時に盛って話す人は困りますね。

経歴も盛る人が時々いますが、それはともかくとして、やる気とか行動力について盛ってくる人は敬遠します。これも、女性とか年齢に関係なくですけどね。

僕はよく面接で、「就業している時間は業務の時間、つまりお給料をはらう分の仕事をしていただく時間です。その時間以外に、あなたに足りてないところがあるとしたら、どうやってスキルアップをしていきますか、たとえば通勤時間を利用してできますか」と問いかけます。

すると、だいたいは「やれます」「やります!」と返答がくるんですが、実際に半年以上たって、継続して努力し続けている人は多くありません。

のびしろがあると思えばこそ、時間を活用して自分のためにやるべきことをやって欲しいと思って問いかけるのですが、その約束を果たせる人は思っている以上に少ないのが現実です。

結局、会社のためのスキルアップというけれど、自分のためでもあります。

よく会社に対する愚痴を言う人もいますが、その時間を使って別のことをしたほうがいいでしょう? 

自分の足りないところをカバーするためのスキルや知識を得て行動し、仕事で成果を出す。そうすれば、会社は「この人は会社に必要だ、大事な人材だ」という判断をしますよ。

優秀な人材は会社は手放したくないわけですから、たとえば昇給とかいろいろな面で最終的にその人にとってもプラスになることとして戻ってきますよね。

ーーインタビュアー(編集部)

自分のためにも、努力をする、向上心をもって仕事をしていくことが、返ってくるものも大きいということですね。等身大以上に自分を見せようとするよりも、実際に熱意や意欲を行動で示していくことが大事なんだなと感じました。

女性が長く活躍できる企業の見極め方・探し方は?

女性が長く活躍できる企業の見極め方・探し方は?

ーーインタビュアー(編集部)

転職を検討している女性にとって、自分が長く活躍できる、仕事ができる会社を探すのが難しいという声も多いのですが。限られた時間で会社について調べるというのも大変ですし、実際にはなかなか内情がわからないので、この会社がいいのだろうかと判断しきれないこともよくあります。

ーー田中社長

これはストレートに質問するのが一番でしょう。

応募時に「産休育休の取得人数や率、過去の復職例を教えてほしい」と伝えればいいと思います。会社によっては企業サイトで開示しているところもありますしね。

ーーインタビュアー(編集部)

なるほど、育休の取得率などを開示している会社もありますね。30代女性にとっては、ライフステージの変化がある中で働き続けられる会社であるかどうかはとても重要なポイントですよね。

ーー田中社長

結婚して妊娠して出産して育児をしながら復職してくれるというのが、会社としても理想です。

ですから、実際に育休についてのデータを開示してもらえばいいんです。大きな会社なら100人育休を取得したとして、どれだけ復職したか?どのポジションに復職したか?なども聞いてみればいいと思います。

ーーインタビュアー(編集部)

復職率だけでなく、ポジションについても聞いてみるということですか?

ーー田中社長

そうです。

産休や育休をとっている間、当たり前ですが会社では、誰かがそのポジションを引き継いでいるわけですから復職時に前と同じポジションがあいているとは限りません。

一般的に、前と同じではなく、他のポジションや部署を打診されることが多いでしょう。これはすでに今はその席が埋まっているわけだから、人材を必要としている他のポジションを提示するのは普通といえば普通です。

あるいは時短などで働くには、その働き方がしやすい部署を提案することもあるでしょうね。

ただ、復職後のポジションについては企業規模や会社の考えによってもいろいろですから、応募したときに率直に聞いてみるのが一番です。

ーーインタビュアー(編集部)

あいまいな回答しか戻ってこないこともありそうですが。

ーー田中社長

女性にとって長く働ける企業を見極めるという点から言えば、それこそ、この回答から判断できるはずです。

もし育休取得率に関して「わかりません」と返答がきたら、「実際には育休をとってる人はほとんどいないんだな」と想像できますよね。

綿密なデータがなかったとしても、育休をとった先輩女性の実例を紹介してくれたら「実際に育休から復帰して昇進までしている人がいるんだ」とわかるし、女性にとって働きやすい職場だなと判断できます。

回答によって男性中心なんだなとか、男女対等にしているとか、女性への配慮が大きいとか、それぞれの特色がわかるでしょう。

ーーインタビュアー(編集部)

復職できるかどうかは企業にとっても、働く側にとっても重要なところですね。そこを聞いて回答を見ることで、企業の風土、カルチャーがわかるんですね。

ーー田中社長

そうですね。復職では、本人の希望も大事でしょう?人によって状況はさまざまです。

近くに親がいて子どもは常に見てもらえる、出張もできるからバリバリ働きたいという女性もいれば、保育園のお迎えがあるから4時に退社したい、残業は難しいということもあるわけです。

企業側からすれば、一律に「復職するんですね、では前のポジションで」とはできない面もあるし、また、復職する方が働きやすいようにと考えてポジションを調整することもあるでしょうということです。

30代女性が将来のプランまで話すことは有利?不利?

ーーインタビュアー(編集部)

未婚の場合でも、そうした復職までを視野に入れて仕事を探していることを話しても大丈夫なんですね。

ーー田中社長

そこまで聞いてくるということは、もし今後結婚をしても出産をしても復職を前提に仕事を探している、うちの会社で長く働きたいという意欲をもって応募してくれているんだと、僕なら思いますね。

ーーインタビュアー(編集部)

育休をとるかもしれないから、その後も働ける職場を見つける、短時間勤務になっても活躍できるようなスキルを今のうちからつけておくことも大切なんですね。

ーー田中社長

そうです。

やれることは、いつかではなく、できるときになるべくやっておくことです。スキルにせよ経験にせよ貯金しておけば、30代、40代となっても余裕があります。

積み上げたスキルがあれば、たとえば育休から復帰するときも「あの人には会社が必要としているスキルがある」「実力がある」と会社が判断し、時短勤務なり週4日勤務なり、その人が戻ってきやすい環境を整えようとするはずです。

ーーインタビュアー(編集部)

なるほど、会社がどんな形であれ働いて欲しいと思えるスキルやポテンシャルがあれば、自分が働きやすい環境で活躍できる可能性が高まると。

ーー田中社長

ライフイベントは大きなことです。結婚、出産は女性に限らずですよ、誰にとっても人生においての大きなことです。

だから、こうしたライフイベントを考えておかずに、その場その場で、行き当たりばったりで仕事や会社を選ぶと「子どもが生まれたら働きづらいから別の仕事を探さなくては」みたいなことになってしまう。

結婚してからも仕事をしたいのか、子どもが小さいうちは仕事量を減らしたいのか、ある程度は人世のプランを考えて、長い目でキャリアプランをたてて会社選びをしたほうがいいと思います。

今回は、特に30代女性ということで、結婚とか出産といったことを前提としてお話ししましたけど、最終的に企業にとっては「その人は必要としている人材かどうか」が一番大切なんです。

逆から見ると、応募する皆さんは、自分がその企業にフィットしているか、これから自分が描いている働き方が可能な職場かどうかを考えて判断する。

その上で、会社のためではなく、自分のために次のステップへと向かって前向きに仕事をしていけば、変化する時代や企業のなかでも取り残されることなく、それどころか、会社にとってはなくてはならない存在になるはずです。

そうすれば、わかりやすく年収とかもアップするでしょうし、たとえば、お子さんを産むことになったとしてもブランクがあっても「戻ってきてほしいから、働きやすい環境を整える」ことにもつながります。

要するに、求める企業の必要な人材になるために常に先へ先へと向かっていくことが、企業にとっても働く人にとっても、双方にとって良い結果を生むのではないかと僕は思っています。

ーーインタビュアー(編集部)

女性にはライフステージに大きな変化があるところが難しいと思っていましたが、ポイントはそこではなく、企業が求めている人材になること、なんですね。

30代の女性の転職は、企業が求める人材に自分がマッチしているか見極めることが重要

30代の女性の転職は、企業が求める人材に自分がマッチしているか見極めることが重要

話を聞いていく中で、年齢や性別、ライフスタイルは二の次の話であり、何よりも企業が求める人材であるかが判断基準になっていると理解できました。

当事者の女性からすると、家庭の事情で残業ができない、時短でしか働けない、急な休みを取らなくてはいけない状況がある…と会社に迷惑をかけてしまう可能性がある中、不安を持ちながら転職活動をしています。

仕事よりもプライベートを優先しなくてはいけない背景を持っていたとしても、活躍できる人材であれば、会社側は働きやすい環境で採用をしてくれます。

逆に、未経験などすぐに活躍できないポジションでの採用はなかなか難しいともいえます。

つまり、30代女性の転職活動は、自分が活躍できる企業をどう探していくかがポイントになります。

第三者が推薦してくれるエージェントやスカウト機能を活用すると良い

単に求人を見るだけではこの企業が自分のスキルとマッチしているのかを判断するのは非常に難しいです。そこでおすすめしたいのが、エージェントやスカウトなど第三者が間に入ってくれる転職サービスです。

転職エージェントを利用すると、今までの経歴やスキルを細かくヒアリングしてくれます。もちろん、企業側が求める人材も細かくヒアリングしているため、双方の状況をよく理解した上で、双方にマッチする求人を紹介してもらえます。

女性の転職に強い!おすすめの転職エージェント3つ

ヒアリング力が高い:リクルートエージェント

自分で自分の魅力がわからない。初めての転職で何から始めていいかわからない。そんな人に向いているのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは初回のヒアリングがとにかく丁寧で、どんな仕事をしてきてどんなスキルがあるかをきっちり把握してくれます。

その上で活躍できそうな求人を人の手で探してきてくれるので、30代女性の転職活動に向いていると言えます。

ハイクラスを目指すなら:JACリクルートメント

もし課長やマネージャークラスの経験があるならば、ハイクラス専門の転職エージェントがお勧めです。

時短希望やお子さんがいるとなると、どうしても年収の希望条件を妥協して働きやすさを優先してしまいがちです。

ですが、ハイクラス専門の転職エージェントであれば、自分のスキルや経験を生かせる中で、マッチする企業と出会うことができるため、働きやすさも年収もどちらも満足のいく求人が見つけられるかもしれません。

女性に特化している:typeの女性の転職エージェント

女性の転職に特化した転職エージェントです。

お悩み別相談会などもあるので、そもそも転職活動をした方が良いのか、今の転職がうまくいっていない、転職活動に大して不安があると、活動に一歩踏み出せない人にお勧めです。

担当のキャリアアドバイザーは女性が多いので、家庭の事情などがあっても理解してもらいやすいです。

複数のエージェントを使うことで妥協しない転職ができる

30代女性の転職はキャリアプランを見据えて長く働ける企業を見つけることが大切です。そのためには、より多くの求人を知り、面談に臨み、会社を見極めていくことが必要。

転職エージェントは複数を同時に利用しても全く問題ないので、ざまざまな求人に出会うためにも、2つ以上のエージェントに登録しておくことをおすすめします。